ChatGPTとは
使い方のガイド
文例・例文のサンプル
ChatGPTについて教えて
始め方(はじめかた)、書き方
プロンプトのテンプレート

AIへの会話指示文/プロンプト

image

UI/UXデザインの徹底チェックリスト

5     1840   𝕏 シェア


基本的な使い方

なにかと 自分だけでは見落としがち なデザインのポイントを
AIが別の視点から教えてくれます。
お好みの目的や部位 に合わせたアドバイスが可能です。


【プロダクトの概要】

・タイプ: ▼★ECサイト★▲
・利用形態: ▼★Webブラウザページ★▲
・利用環境: ▼★スマホ★▲
・対象ユーザー: ▼★一般★▲

【チェックしたいパーツ】

・画面: ▼★商品一覧ページの★▲
・セクション: ▼★ページの進む、戻るリンクの★▲
・パーツ: ▼★「進む」ボタン★▲

---
上記のパーツに関して、
UI/UXデザインのプロの観点から、
詳細なチェックリストを作成してください。
>


【UI/UXデザインのチェックリスト:ECサイトの商品一覧ページの「進む」ボタン】


  1. 視認性とアクセシビリティ

    • ボタンのサイズは十分大きいか?
    • 色とコントラストは、色覚異常のユーザーにも配慮しているか?
    • テキストは読みやすいフォントサイズとスタイルを採用しているか?
    • ボタンはタップしやすい位置に配置されているか?
  2. デザインと一貫性

    • ボタンのデザインはサイト全体のテーマと一貫しているか?
    • アイコンや色使いは、他のページのナビゲーションと統一されているか?
    • ホバー状態やクリック状態での視覚的フィードバックは適切に設定されているか?
  3. ユーザビリティ

    • ボタンは直感的に「進む」機能であると理解できるか?
    • タップした際のレスポンスタイムは適切か?
    • ページ遷移はスムーズでユーザーを混乱させないか?
    • ボタンの位置はユーザーが予測しやすい場所にあるか?
  4. アクセス性

    • キーボードナビゲーションやスクリーンリーダーに対応しているか?
    • モバイルデバイスでのタッチ操作に適応しているか?
    • ネットワーク環境が低速でも機能するか?
  5. パフォーマンスと効率

    • ページ遷移に不要な遅延はないか?
    • ボタンを押した際のロード時間は最適化されているか?
    • キャッシュやプリフェッチなどのテクニックを利用して効率を高めているか?
  6. エラーハンドリングとフィードバック

    • ネットワークエラーまたはその他の問題が発生した際のフィードバックは適切か?
    • ユーザーが誤ってボタンを押した場合、容易に前の状態に戻れるか?
  7. 国際化とローカライゼーション

    • 多言語対応はされているか?
    • 地域に応じた単位や通貨の表示に対応しているか?
  8. 法的遵守とプライバシー

    • 法的要件(例えば、クッキーの使用に関する通知)に準拠しているか?
    • ユーザー情報の取り扱いについての透明性は確保されているか?

このチェックリストを用いて、「進む」ボタンのUI/UXを詳細に検証し、ユーザーにとって最適な体験を提供するよう努めることが重要です。



さらに追加のアイデアを尋ねてみましょう。


上記のチェックリストを全てクリアしました。

さらに、UI/UXデザインのプロの観点から、
改善すべき点、追加したい機能、
配慮すべきデザイン要素、先進的なアイデアなどは
ありませんか? 箇条書きで推奨してください。
>

さらにUI/UXデザインを洗練させるための推奨事項を以下に示します。これらは、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、差別化を図るための追加の機能や配慮すべきデザイン要素、先進的なアイデアです。


改善すべき点 & 追加機能

  1. パーソナライズされたナビゲーション: ユーザーの過去の行動や好みに基づいて、推奨商品やカテゴリーを「進む」ボタンと連携させる。
  2. インフィニットスクロールとの組み合わせ: ページの進む、戻るではなく、インフィニットスクロールを導入し、ユーザーがスムーズに次の商品を閲覧できるようにする。ただし、パフォーマンスへの影響を考慮する。
  3. プログレッシブローディング: 画像やコンテンツのプログレッシブローディングを実装して、初期ロード時間を短縮し、ユーザー体験を向上させる。
  4. マイクロインタラクションの強化: ボタンタップ時のアニメーションや効果をより魅力的にして、ユーザーにポジティブなフィードバックを提供する。

配慮すべきデザイン要素

  1. ダークモード対応: ユーザーが好みに応じてダークモードとライトモードを切り替えられるようにする。
  2. 多言語対応: グローバルなユーザーベースを考慮して、複数言語に対応する。
  3. コンテキストに応じたナビゲーション: ユーザーが現在どのセクションやカテゴリーを閲覧しているかに基づいて、ナビゲーションオプションを動的に調整する。

先進的なアイデア

  1. 音声ナビゲーションの導入: 音声コマンドを使って、「次のページへ進む」などのナビゲーションが可能になる機能を追加する。
  2. AIによる推薦システム: AIを活用してユーザーの興味や行動パターンを分析し、カスタマイズされた商品推薦を提供する。
  3. ARを活用した商品閲覧: スマホのカメラを使って、商品を現実世界の環境でプレビューできるAR機能を導入する。
  4. ジェスチャーベースのナビゲーション: スマホのジェスチャーを利用して、ページ間のナビゲーションを容易にする。例えば、スワイプ操作で次のページに進む。

これらの推奨事項は、ECサイトのユーザーエクスペリエンスをさらに向上させ、ユーザーに快適で記憶に残るショッピング体験を提供するためのものです。



ページ後半に続きます。
 

他のバリエーション

さらに専門性を高めてみましょう。


UI/UXデザインにおける法則や効果や理論の中から、
効果的で、かつ、適用できそうなものをピックアップしながら、
私がデザインする箇所に対する
具体的なアドバイスとして書いてください。
>

UI/UXデザインに関連する法則や理論は多岐にわたりますが、ECサイトの商品一覧ページにおける「進む」ボタンのデザインに特に効果的で適用可能なものをピックアップして、具体的なアドバイスを提供します。


1. フィッツの法則

法則の概要: ユーザーがポインティングデバイス(例えば、指やマウス)を使ってターゲットに到達する時間は、ターゲットまでの距離とターゲットのサイズに依存するという法則です。

具体的なアドバイス:

  • ターゲットサイズの最適化: 「進む」ボタンは、ユーザーが簡単にタップできるように十分な大きさを確保します。特にスマホユーザーにとって、タッチターゲットは最低でも48ピクセル四方が望ましいです。
  • アクセスしやすい位置に配置: ボタンを画面のアクセスしやすい位置に配置します。通常、親指が自然と届く画面の下部に配置することが多いです。

2. ジャコブの法則

法則の概要: ユーザーは、他のウェブサイトやアプリでの経験をもとに、新しいウェブサイトやアプリを使用する際の期待を形成します。

具体的なアドバイス:

  • 慣れ親しんだデザインの採用: 「進む」ボタンのデザインは、他の一般的なECサイトで見られるナビゲーションパターンに沿っていることを確認します。これには、シンボルの使用(例:右向きの矢印)、位置、そして言語(「次へ」「進む」など)が含まれます。

3. ヒックの法則

法則の概要: 選択肢の数が多ければ多いほど、決定を下すのに時間がかかります。

具体的なアドバイス:

  • 選択肢のシンプル化: 商品一覧ページにおけるナビゲーション選択肢をシンプルに保ちます。「進む」ボタンと「戻る」ボタンのみを明確に提示し、余分なナビゲーションオプションを避けます。

4. ミラー効果

法則の概要: 人々は繰り返し露出されたものに対してより好意的な反応を示します。

具体的なアドバイス:

  • 一貫性のあるデザイン言語: サイト全体で一貫性のあるデザイン言語を使用します。これには色、タイポグラフィ、ボタンのスタイルが含まれます。ユーザーがサイト内で繰り返し経験することにより、使いやすさが向上します。

5. ゲシュタルト原則 (Gestalt Principles)

法則の概要: 人々は個々の要素よりも全体として物事を認識する傾向があります。

具体的なアドバイス:

  • 視覚的グルーピング: 「進む」ボタンを関連するナビゲーション要素(例えば、「戻る」ボタンやページ番号)と視覚的にグルーピングし、ユーザーがナビゲーションオプションを直感的に理解できるようにします。


これらの法則や理論を適用することで、ユーザーエクスペリエンスを高め、より直感的で使いやすい商品一覧ページの「進む」ボタンのデザインを実現できます。



ご参考になれば幸いです。
 
テーマ デザイン・Web制作
タスク 指摘
タグ #アドバイス#デザイン#フレームワーク・法則
動作環境の例 OpenAI ChatGPT 3.5~、Google Gemini、Bing
投稿・編集日 2024/01/30・2024/02/12
提案者 まめたろう
出典・参考 なし
留意事項 他の「プロンプト集」へ収載する場合は、出典として本サイトのURLを明示してください



お気に入り機能は登録不要で使えます
※このブラウザ内にのみ保存されます



ご提案を受付ています

サイトの拡充・改善に取り組んでいます。
感想やリクエストなどお気軽にどうぞ
ご提案フォームを開く