ChatGPTとは
使い方のガイド
文例・例文のサンプル
ChatGPTについて教えて
始め方(はじめかた)、書き方
プロンプトのテンプレート

AIへの会話指示文/プロンプト

image

RFM分析による顧客セグメントごとのアプローチ方法

6     899   𝕏 シェア


基本的な使い方

RFM分析とは、「Recency(R: 最終購入日)」「Frequency(F: 購入頻度)」「Monetary(M: 購入金額)」の3つの指標を使って、顧客を「優良顧客」「休眠顧客」などのセグメントに分ける手法です。
EC事業などでは、マーケティング戦略をこのセグメントごとに考えたりします。

AIを活用すれば、このRFM分析を手軽に体験することができます。
緑字のデータ部分 をエクセルなどからペーストしてお使いください。


以下のデータを読んだら「OK」とだけ答えてください。

【顧客の購買データ】▼★
顧客ID 最近の購入日 購入頻度(回) 購入金額(円)
C001 2024-01-30 10 5000
C002 2024-01-15 8 4000
C003 2024-01-20 6 3000
C004 2023-12-25 3 2000
C005 2024-01-05 7 3500
C006 2023-11-30 2 1500
C007 2023-12-15 5 2500
C008 2023-11-15 1 1000
C009 2024-02-01 9 4500
C010 2023-10-25 4 1800
C011 2024-01-25 2 1100
C012 2023-11-30 8 1000★▲
>

OK


さあ、RFM分析をはじめましょう。


今のデータに対してRFM分析を用いて、
全ての顧客を
「優良顧客」「ロイヤル育成対象」「新規顧客」
「休眠顧客」「離反した顧客」「離反予備軍」などの
セグメントに分類して、
以下のような表形式にまとめてください。
但し、外部拡張やPythonは使わないこと。
注釈や説明や繰り返しも不要です。

【出力する表形式】
|セグメント|解釈|全ての顧客ID|R値|F値|M値|
>

RFM分析では、以下の3つの指標を用いて顧客をセグメントに分類します。


  • R(Recency): 最終購入からの経過日数。日数が少ないほど良い。
  • F(Frequency): 購入頻度。回数が多いほど良い。
  • M(Monetary): 購入金額。金額が高いほど良い。

データから分かる情報を基に、各顧客をセグメントに分類します。


セグメント解釈全ての顧客IDR値F値M値
優良顧客最近購入し、頻繁に購入し、高額を支払うC009
ロイヤル育成対象頻繁に購入はするが、最近の購入ではないか、または購入金額がそこまで高くないC002, C005, C012
新規顧客最近購入したが、購入回数や金額は少ないC011
休眠顧客最近ではないが、ある程度の購入はあるC007
離反した顧客かなり前に購入し、頻度も金額も低いC008, C010
離反予備軍最近ではないが、離反してはいないC004, C006

この分類はあくまで一例であり、実際にはR値、F値、M値の具体的な数値に基づいて細かく調整する必要があります。また、各セグメントの解釈は企業のビジネスモデルや顧客基盤によって異なるため、この分類を直接適用する前に適宜調整を行ってください。



分析をもとに、どのようなアクションをとれるかを
提案してもらいます。


まず、この分析結果から顧客の構成や構造について、
インサイトを提示してください。
次に、注力すべきセグメントを特定し、
最後に、そのセグメントに対してアプローチするための
施策やキャンペーンのアイデアを多く立案して
そのアイデアのタイトルと簡潔な概要を多く挙げてください。
>

このRFM分析から得られる主なインサイトとしては、顧客群が様々な購入行動パターンを持っていることが挙げられます。特に、優良顧客が限られており、新規顧客や離反予備軍、そして離反した顧客が存在することから、顧客の維持と新規獲得のバランスに課題があると考えられます。また、ロイヤル育成対象の顧客が存在することから、これらの顧客を優良顧客へと育成するチャンスがあることも分かります。



注力すべきセグメント


  • ロイヤル育成対象: このセグメントの顧客は既に一定の購入頻度を示しており、適切な施策によってさらに高いロイヤリティを育成し、優良顧客に昇格させる可能性があります。


施策やキャンペーンのアイデア


  1. ロイヤリティプログラムの導入
    • 概要: ポイント制度やVIP会員制度を導入し、購入頻度や金額に応じて特典を提供する。
  2. 限定オファーの提供
    • 概要: ロイヤル育成対象の顧客に対し、限定商品やサービス、割引クーポンを提供するキャンペーンを実施。
  3. パーソナライズされたメールマーケティング
    • 概要: 顧客の購入履歴に基づいて、関心が高そうな商品やサービスの情報を個別にメールで送信する。
  4. 顧客満足度調査とフィードバックの収集
    • 概要: 顧客満足度を高めるための調査を実施し、フィードバックに基づいてサービス改善を図る。
  5. リファラルプログラムの促進
    • 概要: 顧客に友人や家族を紹介してもらうことで、新規顧客獲得と同時にロイヤル顧客のロイヤリティを高める。
  6. エンゲージメントを高めるソーシャルメディアキャンペーン
    • 概要: ソーシャルメディアでのコンテストやキャンペーンを通じて、顧客のブランドへの関与を高める。
  7. 特別な体験イベントの開催
    • 概要: 商品の試用会やブランド体験イベントを開催し、顧客との直接的なコミュニケーションを図る。

これらの施策やキャンペーンは、ロイヤル育成対象の顧客に対するエンゲージメントを高め、長期的なロイヤリティを構築することを目指しています。




さらに、商品・サービスの情報を与えることで、
施策を具体的な内容に深めることもできます。


私たちが売る商品は「▼★高級入浴剤★▲」です。
ターゲットは「▼★健康意識の高い富裕層★▲」です。
「▼★1. ロイヤリティプログラムの導入★▲」に関して
詳細を書いてください。
>


:
:
 
テーマ マーケティング・広告
タスク 評価・分類分析・推論
タグ #統計・データ分析#フレームワーク・法則#営業#企画
動作環境の例 OpenAI ChatGPT 3.5~、GPT-4推奨、Google Gemini、Bing(厳密モード)
投稿・編集日 2024/02/21・2024/02/21
提案者 まめたろう
出典・参考 なし
留意事項 他の「プロンプト集」へ収載する場合は、出典として本サイトのURLを明示してください



お気に入り機能は登録不要で使えます
※このブラウザ内にのみ保存されます



ご提案を受付ています

サイトの拡充・改善に取り組んでいます。
感想やリクエストなどお気軽にどうぞ
ご提案フォームを開く