ChatGPTとは
使い方のガイド
文例・例文のサンプル
ChatGPTについて教えて
始め方(はじめかた)、書き方
プロンプトのテンプレート

AIへの会話指示文/プロンプト

image

夏休みの宿題に使える工作のアイデア

0     402   𝕏 シェア


基本的な使い方

夏休みに出る工作の宿題
みなさんも頭を悩ませた思い出があるかもしれません。
AIを活用して、楽しい工作アイデアを提案してもらいましょう。



夏休みの工作のアイデアを多く考えて、
箇条書きで提案してください。

【年齢や難易度】
・▼★10才が1日で作れるレベルで★▲

【材料】▼★
・画用紙、クレヨン、絵の具、セロテープなど
・日用品や家の中にあるようなものを用いて★▲
>

  1. 手作りカイト

    • 材料:長い棒(箸やバーベキュー用の棒)、軽量の紙(新聞紙や包装紙)、糸、テープ
    • 作り方:棒で枠を作り、紙をテープで固定して、糸をつける。
  2. ペットボトルロケット

    • 材料:空のペットボトル、水、空気ポンプ、コルク、紙(フィン作成用)
    • 作り方:ペットボトルに水を半分入れ、コルクでふさぎ、空気をポンプで入れて打ち上げる。
  3. 紙コップ電話

    • 材料:紙コップ2個、細い糸、小さな針
    • 作り方:紙コップの底に穴をあけ、糸を通して結ぶ。距離を置いて話してみる。
  4. 手作りの風車

    • 材料:厚紙、画鋲、ストロー、はさみ、クレヨンやマーカー(装飾用)
    • 作り方:厚紙を正方形に切り、角から中心に向かって切り込みを入れ、画鋲でストローに固定する。
  5. ビーズコースター

    • 材料:ビーズ、針金またはストロー、テープ
    • 作り方:針金またはストローを形に曲げてビーズを通し、端をテープで固定する。
  6. エコバッグのデコレーション

    • 材料:布製のシンプルなバッグ、布用のペイントまたはマーカー、ステンシル(任意)
    • 作り方:バッグに好きなデザインを描く。
  7. ティッシュボックスモンスター

    • 材料:空のティッシュボックス、色紙、はさみ、のり
    • 作り方:ボックスをモンスターの顔に見立てて、色紙で目や歯などを作り貼り付ける。
  8. 自然物を使ったアート

    • 材料:葉っぱ、花、厚紙、のり
    • 作り方:散歩で集めた自然物を厚紙に貼って自然のコラージュを作る。

これらの工作は特別な道具や材料を必要とせず、家にあるものだけで楽しめるので、気軽に挑戦できます。楽しい夏休みの思い出になること間違いなしですね!



気になるアイデアがみつかったら、
詳細をガイドしてもらいましょう。

▼★
5.ビーズコースター★▲
の作り方をステップ・バイ・ステップで
わかりやすく教えてください。
>

ビーズコースターの作り方をステップ・バイ・ステップで説明します。こちらの工作は簡単でカラフルなビーズを使って楽しみながら作ることができます。



必要な材料

  • カラフルなビーズ(大きさと色はお好みで)
  • 針金または丈夫な糸(子供が扱いやすい太さのもの)
  • テープまたは接着剤(針金の端を固定する用)


作り方


ステップ1: デザインを決める

  • どんな形のコースターにするか考えましょう。円形、星形、ハート形など、シンプルな形から始めると良いでしょう。

ステップ2: 針金を切る

  • コースターの大きさに合わせて、針金を切ります。円形の場合は、コースターの直径の約3倍の長さが目安です。

ステップ3: 針金にビーズを通す

  • ビーズを一つずつ針金に通していきます。色のパターンを考えるのも楽しいですね。ビーズがずれないように、一方の端に小さなループを作って止めると便利です。

ステップ4: 形を作る

  • すべてのビーズを通したら、針金を必要な形に曲げます。円形の場合は、きれいな円になるようにゆっくりと曲げていきます。

ステップ5: 両端を固定する

  • 形ができたら、針金の両端をくっつけて形を固定します。小さなループを作って接続するか、テープまたは接着剤でしっかりと固定しましょう。

ステップ6: 仕上げ

  • 両端がしっかり固定されたら、余分な針金をカットするか、隠すように調整します。コースターが安定するように平らな面に置いて形を整えます。


これでカラフルなビーズコースターの完成です!色々な色や形で複数作ってみると、テーブルが華やかになりますよ。




作ってみてもイマイチそうな感じのときは、
下記のプロンプトで改良できます


さらにひと工夫を追加してください。
>

ビーズコースターにひと工夫加えて、さらに特別なものにするためのアイディアとして、「フェルトの裏地付き」 を追加する方法を紹介します。この工夫により、コースターがより実用的になり、テーブルの表面を保護する効果も高まります。



必要な追加材料

  • フェルト生地(好きな色で)
  • はさみ
  • 接着剤(布用のものが適しています)


追加工程


ステップ1: フェルトをカットする

  • 完成したビーズコースターをフェルト生地に置き、コースターの形に合わせてフェルトをカットします。コースターよりも少し小さめにカットすると、端が見えずにすっきりします。

ステップ2: フェルトを接着する

  • カットしたフェルトの片面に布用接着剤を塗ります。均等に薄く塗ることで、フェルトがしっかりと固定され、端が浮きにくくなります。

ステップ3: コースターに貼り付ける

  • 接着剤を塗ったフェルトをビーズコースターの裏面に貼り付けます。しっかりと押さえて、全体が均一に接着されるようにします。しばらく放置して接着剤が完全に乾くのを待ちます。

ステップ4: 仕上げの確認

  • フェルトがビーズコースターにしっかりと固定されたことを確認し、必要に応じてフェルトの端をさらに整えます。


このフェルトの裏地を追加することで、コースターが滑りにくくなり、テーブルに傷がつくのを防ぐ助けにもなります。さらに、ビーズの色と合わせてフェルトの色を選ぶ楽しみもあり、デザイン性も向上します。自分だけのオリジナルコースターを楽しんでくださいね!



 
テーマ 子育て・教育
タスク アイデア・ブレスト
タグ #アイデア#宿題
動作環境の例 OpenAI ChatGPT 3.5~、Google Gemini、Bing
投稿・編集日 2024/04/29・2024/04/29
提案者 まめたろう
出典・参考 なし
留意事項 他の「プロンプト集」へ収載する場合は、出典として本サイトのURLを明示してください



お気に入り機能は登録不要で使えます
※このブラウザ内にのみ保存されます



ご提案を受付ています

サイトの拡充・改善に取り組んでいます。
感想やリクエストなどお気軽にどうぞ
ご提案フォームを開く