ChatGPTとは
使い方のガイド
文例・例文のサンプル
ChatGPTについて教えて
始め方(はじめかた)、書き方
プロンプトのテンプレート

AIへの会話指示文/プロンプト

image

公共政策に対する意見や影響を予測する

0     433   𝕏 シェア


基本的な使い方

法規(法律・政令・条例)の立案は、多くの関係者に影響が及びます。

AIを使用して、その反響や利害関係を把握することで、
よりスムーズな政策実行ができるようになります。

【例】
・自転車のヘルメット着用の義務化
・ドローン飛行が自由な特区を作る
・消費税の廃止


プロンプトの中の 緑字の部分を書き換えてお使いください。


あなたは一流の政策コンサルタントです。
以下の施策、すなわち「政策・法令・条例」の「制定・変更・廃止」について、
その「実施あるいは検討や導入」の段階で予想される
影響や軋轢、利害関係や意見を、
経験豊かなプロの目線で予測してください。

【施策】▼★
・自転車のヘルメット着用の義務化★▲

【出力項目】
・関係: この施策で影響を受ける関係者や機関をカンマ区切りで列挙して
・良い影響: 施策によって生じそうな良い変化のうち、主にアピールすべきもの3個
・悪い影響: 施策によって生じそうな悪い変化のうち、特に配慮すべきもの5個
・意見: 上記以外で、様々な角度から出そうな指摘や異論を10個

【出力フォーマット】
###関係者・関係機関
###良い影響
・1:
###悪い影響
・1:
###意見
・1:
>

関係者・関係機関

自転車利用者, 保護者, 自治体, 交通警察, 教育機関, ヘルメット製造業者, 自転車販売業者, 保険会社, 医療機関, 自転車シェアリング事業者


良い影響

・1: 自転車事故による頭部外傷の減少
・2: 交通安全意識の向上
・3: 医療費や保険金支払いの削減


悪い影響

・1: ヘルメット購入・維持費用の負担増加
・2: 自転車利用の減少による健康促進効果の低下
・3: 観光客や短期利用者の利便性低下
・4: 強制措置に対する反発や遵守意識の低下
・5: 自転車シェアリング事業の利用減少


意見

・1: ヘルメット着用義務化の実効性や取り締まりの方法
・2: ヘルメットが不快であるための拒否反応
・3: ヘルメットのデザインやサイズの選択肢の不満
・4: ヘルメットの効果に対する疑問や実証データの不足
・5: 過剰な規制としての批判
・6: 他の安全対策(例: 自転車専用レーンの整備)の優先順位の提案
・7: 子供や高齢者の特別な対策の必要性
・8: 貧困層への経済的支援策の必要性
・9: 観光業への影響とその対策
・10: 他の交通規制や政策との整合性の確保




対応策を事前に考えておきましょう。


これらの悪影響や混乱を避けるための
効果的でシンプルな打ち手を、
漏れがないように考慮してください。
>

悪影響や混乱を避けるための効果的でシンプルな打ち手


1. ヘルメット購入・維持費用の負担増加

対策:

  • 補助金制度の導入: ヘルメット購入に対する補助金や割引クーポンを提供し、特に低所得者層や学生を対象とする。
  • 無料配布キャンペーン: 自治体や企業と連携して、特定のイベントや期間中に無料ヘルメット配布キャンペーンを実施する。

2. 自転車利用の減少による健康促進効果の低下

対策:

  • インセンティブ制度の導入: ヘルメット着用を促進するためのインセンティブ(ポイントシステムや抽選での景品)を提供し、着用者に対する特典を設定する。
  • 広報活動の強化: ヘルメット着用の重要性と安全性に関する広報活動を強化し、自転車利用と安全対策の両立を訴える。

3. 観光客や短期利用者の利便性低下

対策:

  • レンタルヘルメットの提供: 観光地や自転車シェアリングステーションでレンタルヘルメットを提供し、観光客や短期利用者の利便性を確保する。
  • 多言語対応の案内: 観光客向けに多言語でのヘルメット着用義務の案内や利用方法を提供し、混乱を避ける。

4. 強制措置に対する反発や遵守意識の低下

対策:

  • 段階的な導入: 義務化の前に一定期間の試行期間を設け、教育や広報活動を通じて理解を深める。
  • 啓発プログラムの実施: 学校やコミュニティでの交通安全教育プログラムを実施し、子供から大人まで幅広く安全意識を浸透させる。

5. 自転車シェアリング事業の利用減少

対策:

  • シェアリングステーションのヘルメット提供: 自転車シェアリングステーションでのヘルメット提供を義務化し、利用者が手軽にヘルメットを借りられるようにする。
  • 消毒や管理の徹底: レンタルヘルメットの清潔さと安全性を確保するための消毒や管理体制を整える。


その他の意見に対する対策


  1. 取り締まりの実効性向上:

    • 取り締まり体制の整備や警察との連携強化
    • デジタル技術を活用した取り締まり方法の導入(例: 自動認識システム)
  2. デザインやサイズの選択肢の拡充:

    • ヘルメットメーカーと連携し、快適でおしゃれなデザインのヘルメットを開発・提供
    • サイズやフィット感に関する消費者のフィードバックを反映
  3. ヘルメットの効果に対するデータ提供:

    • 科学的根拠に基づくデータや統計を広報し、ヘルメットの有効性を啓発
    • 専門家や医療機関との協力による信頼性の高い情報発信
  4. 他の安全対策とのバランス:

    • 自転車専用レーンや交通インフラの整備を同時に推進し、総合的な安全対策を実施
    • 地域ごとの交通事情に応じた柔軟な対応策の導入
  5. 特定の層への経済的支援:

    • 子供や高齢者向けの無償提供プログラムや支援策の実施
    • 学校や地域コミュニティとの協力による支援活動の展開

これらの対策を組み合わせて実施することで、悪影響や混乱を最小限に抑えながら、ヘルメット着用義務化の施策を効果的に推進できます。



さらに深く考えます。


この施策のそもそもの目的に立ち戻って、
効果を最大化するためにゼロベースから再度洞察をして、
施策自体のアレンジやリフレーミング、追加の施策アイデアを
**短期**と**長期**の目線で教えて下さい。
>

目的の再評価

この施策の根本的な目的は、「自転車事故による頭部外傷を減少させ、交通安全を向上させること」です。この目的を最大限に達成するために、施策の再設計や追加のアイデアを以下に示します。


短期的な施策


1. ヘルメットの普及促進キャンペーン

  • 概要: 広報活動を強化し、ヘルメットの重要性を周知するためのキャンペーンを実施。
  • 手法: テレビ、ラジオ、SNSなどを活用した広報活動や、街頭イベントでのヘルメット配布。
  • 目標: ヘルメットの着用率を迅速に向上させる。

2. 無償提供プログラム

  • 概要: 学校やコミュニティセンターを通じて、特に子供や低所得者層に無料でヘルメットを提供。
  • 手法: 自治体や企業と協力し、地域ごとに無償提供イベントを開催。
  • 目標: 経済的な障壁を取り除き、全ての自転車利用者にヘルメットを行き渡らせる。

3. インセンティブプログラム

  • 概要: ヘルメット着用者に対する特典や報酬を提供。
  • 手法: 着用者に対してポイントを付与し、一定ポイントで景品や割引クーポンを提供する。
  • 目標: 自主的なヘルメット着用を促進する。

長期的な施策


1. 自転車インフラの整備

  • 概要: 自転車専用レーンの整備や、自転車用信号機の設置など、インフラを整備。
  • 手法: 地域ごとの交通調査を行い、危険箇所の改善を優先的に実施。
  • 目標: 自転車利用者の全体的な安全性を向上させる。

2. 交通安全教育の強化

  • 概要: 学校や地域コミュニティでの交通安全教育プログラムを拡充。
  • 手法: 学校のカリキュラムに交通安全講座を組み込み、実地訓練やシミュレーションを行う。
  • 目標: 子供から大人まで、全世代の交通安全意識を高める。

3. 自転車利用の奨励

  • 概要: 自転車利用を促進するための政策を導入し、都市部の交通混雑を緩和。
  • 手法: 自転車専用駐輪場の増設や、自転車購入補助金の提供。
  • 目標: 環境に優しく健康的な自転車利用を促進し、都市の交通問題を解消する。

4. データ収集と分析

  • 概要: 自転車事故データの収集と分析を行い、効果的な対策を講じるための基礎データを整備。
  • 手法: 交通警察や医療機関と連携し、事故の原因やパターンを分析。
  • 目標: データに基づいた科学的な政策決定を行い、効果を最大化する。

5. 国際的なベストプラクティスの導入

  • 概要: 自転車利用が盛んな国々の成功事例を参考にし、適用可能な施策を導入。
  • 手法: 国際的な交通安全専門家との交流や、研究報告書の取り寄せ。
  • 目標: 世界的な視野での交通安全対策を導入し、効果を上げる。

これらの短期および長期の施策を組み合わせることで、自転車のヘルメット着用義務化の効果を最大限に引き出し、安全で持続可能な自転車利用環境を実現します。



これらの内容を、
検討や議論のたたき台にできます。
 
テーマ 社会・経済
タスク 指摘
タグ #自治体・公共サービス#トラブルの予防
動作環境の例 OpenAI ChatGPT 3.5~、Google Gemini、Bing
投稿・編集日 2024/06/17・2024/06/17
提案者 まめたろう
出典・参考 https://www.city.kobe.lg.jp/documents/63928/jireishu_1.pdf
留意事項



お気に入り機能は登録不要で使えます
※このブラウザ内にのみ保存されます



ご提案を受付ています

サイトの拡充・改善に取り組んでいます。
感想やリクエストなどお気軽にどうぞ
ご提案フォームを開く