ChatGPTとは
面白い使い方
文例・例文のランキング
サンプルを総まとめ
始め方(はじめかた)、書き方
テンプレート

ChatGPT に送る指示文(プロンプト)

image

最近の論文や文献をリストアップしてもらう

11     1282   シェア プラグイン使用


基本的な使い方

まずは工学系の例を、次に文化系の例を書きます。
テーマの部分(緑色の字)は自分用に書き換えて使用します。

※「Link Reader」「WebPilot」などWebを閲覧するタイプの プラグイン(詳細) を使用前に有効化し、選択しておきます。
※ ChatGPTなどは、足りない事実を創造で補う場合がありますので、下調べとしてお使いいただき、最終的にはご自身で確認してください。


▼★「全固体電池の実用化」★▲に関する
最近の論文や文献を、Webを検索して探して
分かる範囲で、できるだけ新しくて有用なものを選んで
列挙してください。

ただし、ChatGPTの「Top P」と「temperature」パラメータを
最低値にしたかのように、ふるまってください。
実在している情報にのみ基づいて、
情報が無いときは創造せずに、ありませんと答えてください。
>

▒  Link Reader  ≚

以下に、全固体電池の実用化に関する最近の論文や文献を列挙します:


  1. 〔総合論文〕 全固体型リチウムポリマー二次電池の開発 - J-Stage
  2. 全固体電池の実用化と課題 | CiNii Research - 国立情報学研究所
  3. 全固体電池の実用化と課題 | CiNii Research - 国立情報学研究所
  4. [PDF] 全固体電池の性能を加熱処理で大幅に向上 - 東京工業大学
  5. [PDF] 全固体電池の最前線 - 大阪府立大学
  6. 全固体電池開発研究開発の最前線で何が行われているのか | 橋本総研.com
  7. 当社の全固体電池に関する論文がNatureのScientific Reportsでトップ3に選出 | 日本電気硝子
  8. [PDF] 単結晶固体電解質を利用した 小型全固体リチウム二次電池の開発 - AIST
  9. 全固体電池は「実用化後が勝負」東工大・菅野特命教授 - 日本経済新聞
  10. 山本 真理 (Mari Yamamoto) - 全固体電池 実用化に向けた取り組み 高レート特性を実現するバインダフリー・シート型硫化物系全固体電池 - researchmap

これらのリンクは、全固体電池の実用化に関する最新の研究や開発についての情報を提供しています。




このテーマにおける最新の動向を整理して教えてください。
>

▒  Link Reader  ≚

以下に、全固体電池の実用化に関する最新の動向をまとめます。

  1. 全固体型リチウムポリマー二次電池の開発: 電力中央研究所と電力テクノシステムズによる共同研究で、全固体型リチウムポリマー二次電池の開発が進められています。この研究では、安全性と大型化の容易さを重視し、家庭でのエネルギー貯蔵デバイスとしての利用を目指しています。具体的には、正極近傍に耐酸化性に優れる無機電解質、負極近傍に耐還元性と柔軟性に優れる高分子電解質をそれぞれ配置することで、従来より高い電圧での充放電作動が可能になることを確認しています。また、電池の実用化を視野に入れ、大容量化が可能な粉末正極を用いた電池系について検討を行い、高電圧時の電池劣化が正極/高分子固体電解質界面で支配的に起こることを明らかにしています。詳細はこちら

  2. 全固体電池の実用化に向けた研究: 一部の研究者は、全固体電池の実用化に向けて、電池の性能を向上させるための新たな材料や設計手法を探求しています。これには、電解質の改良、電極材料の選択、電池の構造設計などが含まれます。これらの研究は、全固体電池のエネルギー密度の向上、充放電効率の改善、安全性の向上などを目指しています。

  3. 全固体電池の商業化: 一部の企業は、全固体電池の商業化に向けて取り組んでいます。これらの企業は、全固体電池の製造プロセスをスケールアップし、製品の信頼性と安全性を確保するための試験を行っています。全固体電池は、電気自動車やエネルギー貯蔵システムなど、さまざまなアプリケーションでの使用が期待されています。

これらの動向は、全固体電池の実用化に向けた重要なステップを示しています。しかし、全固体電池の実用化にはまだ多くの課題が存在します。これには、電池の性能、製造コスト、製造プロセスのスケールアップなどが含まれます。これらの課題を解決するためには、さらなる研究と開発が必要です。




このテーマの研究で先行し、注目されている、
研究者、研究機関、企業、国は誰(どこ)になりますか?
それらの特徴とともに表形式でまとめてください。
ただし、ChatGPTの「Top P」と「temperature」パラメータを
最低値にしたかのように、ふるまってください。
実在している情報にのみ基づいて、
情報が無いときは創造せずに、わかりませんと答えてください。

【出力項目】
・主体: 誰(どこ)
・対象: テーマの中で、特に何に取り組んでいるか
・概要: どのように取り組み、先行している点や、注目されている理由など

【出力する表のフォーマット】
|主体|対象|概要|
>

▒  Link Reader  ≚
▒  Link Reader  ≚
▒  Link Reader  ≚

以下に、全固体電池の研究で先行し、注目されている研究者、研究機関、企業、国をまとめました。


主体対象概要
研究者: 菅野剛士 (東京工業大学)全固体電池の材料研究全固体電池に使う有望材料を発見した第一人者として注目されています。
研究機関: 物質・材料研究機構 (NIMS)全固体電池の研究開発トヨタやデンソーなどの企業と連携し、全固体電池の研究開発を加速させる取り組みを行っています。
研究機関: 産業技術総合研究所 (産総研)全固体電池の開発出光興産やトヨタ、日立造船とともに全固体電池の開発を競っています。
企業: トヨタ自動車全固体電池の開発全固体電池開発で特許数が圧倒的に多く、先行しています。また、EVでの実用化を目指しています。
企業: 日産自動車全固体電池の開発全固体電池の開発をリードし、その開発にかける想いを語っています。
国: 日本全固体電池の開発全固体電池の特許に関する国別の割合は日本が37%と先行しています。また、基礎研究で先行しているとされています。
国: 中国全固体電池の開発全固体電池の特許に関する国別の割合は日本に次いで中国が28%と肉薄しています。
国: 韓国全固体電池の開発全固体電池の試作品生産が年内に始まる予定で、電気自動車(EV)市場の勢力図を変える可能性があります。

以上の情報は、Web上の情報を基にしたものであり、最新の情報や詳細については各研究者、研究機関、企業、国の公式情報をご確認ください。



AIは足りない情報を創造で補う場合がありますので、
情報は下調べとして参照し、
実際の事実を必ず調べて確認してください。

他のバリエーション

文化系の場合です。
同様に進めることができます。



▼★「キリシタン大名」★▲に関する
最近の論文や文献を、Webを検索して探して、
分かる範囲で、できるだけ新しくて有用なものを選んで
列挙してください。

ただし、ChatGPTの「Top P」と「temperature」パラメータを
最低値にしたかのように、ふるまってください。
実在している情報にのみ基づいて、
情報が無いときは創造せずに、ありませんと答えてください。
>

▒  Link Reader  ≚

以下は、キリシタン大名に関する最近の論文や文献の一部です:


  1. キリシタン大名(吉田小五郎著, 日本歴史新書, 至文堂刊) - CiNii Research
  2. キリシタン大名ジュスト右近-1- | CiNii Research
  3. [PDF] 16-19世紀日本におけるキリシタンの受容・禁制・潜伏 - CORE
  4. キリシタン大名への新視点 : 高山右近四百年遠忌記念論文集 (宮帯出版社): 2014|書誌詳細
  5. 高山右近 キリシタン大名への新視点 高山右近四百年遠忌記念論文集 / 中西 裕樹 監修

これらのリンクをクリックすると、各論文や文献の詳細を確認できます。



AIは足りない情報を創造で補う場合がありますので、
情報は下調べとして参照し、
実際の事実を必ず調べて確認してください。
テーマ 学術・研究開発
タスク 説明
タグ #プラグインを使用
動作環境の例 OpenAI ChatGPT-4、Web系プラグイン
投稿・編集日 2023/07/19・2023/07/19
提案者 まめたろう
出典・参考 なし
留意事項 他の「プロンプト集」へ収載する場合は、出典として本サイトのURLを明示してください



お気に入り機能は登録不要で使えます
※このブラウザ内にのみ保存されます



ご提案を受付ています

サイトの拡充・改善に取り組んでいます。
よろしければ、感想やご提案などお気軽にどうぞ
ご提案フォームを開く