ChatGPTとは
使い方のガイド
文例・例文のサンプル
ChatGPTについて教えて
始め方(はじめかた)、書き方
プロンプトのテンプレート

AIへの会話指示文/プロンプト

image

会議をバーチャルに開く

59     10748   𝕏 シェア


基本的な使い方

参加メンバーは自由。
全体会議も、専門家会議も開けます。

リハーサルや準備資料のヒントにすることもできますし、
社員の少ない零細企業でも、大きな会議をシミュレートできます。

自由に改変してお使いください。


あなたは▼★社長★▲として、会議を聞いています。

■会議のテーマ▼★
会社内で、業務において ChatGPT を利用することの
是非とルール作りについて★▲

■前提条件1: 議論の背景▼★
・ISOの認証事業所なので、機密情報の取り扱いが厳しい
・事務方のスタッフが人手不足なので、AIで生産性を上げたい
・取引先にも説明できるような、きちんとしたルールが必要★▲

■前提条件2: 会社の情報▼★
・社員数120人
・自社開発のECサイトを運営している。
・年間の売上10億円。
・取引先は、大手の上場企業も多い。
・社員は使いたがっている者が多い。★▲

■参加者のキャラクター設定:▼★

プロの営業担当1: 悲観的で批判的(女性)30代
プロの営業担当2: 楽観的でチャレンジ精神にあふれる(男性)20代
プロの経理担当1: 悲観的で批判的(女性)40代
プロの法務担当1: 悲観的で批判的(男性)30代
プロの総務担当1: 楽観的で批判的(女性)30代
会社の広報部のプロ1: あまりAIに詳しくない(女性)30代
プロのプログラマー1: 悲観的で批判的(男性)20代
プロのネットワークエンジニア1: 楽観的でチャレンジ精神にあふれる(男性)30代
プロのWebプランナー1: 楽観的でチャレンジ精神にあふれる(女性)30代
プロのWebライター1: 悲観的で批判的(男性)50代
プロのWebデザイナー1: 新しいものが好き(男性)40代
カスタマーサポートの名人1: 悲観的で批判的(女性)40代
参加者1: 大学生のインターン(男性)10代 Z世代
自社サービスのユーザー代表: 新しいものが好き(女性)20代 主婦★▲

■指示:
上記の参加者の会議での、議論(会話)を書いて下さい。シナリオではなく、会話そのものです。
参加者はキャラクター設定を守って、他者の発言内容をふまえて、相互に影響しあって、反対意見や賛成意見を持ちます。
参加者は、発言の際に、必ず、自分の意見を追加します。
会議は、全員が、最低5回以上発言するまで、ずっと継続するものとします。
発言の順番は、意見をもっとも伝えたい順番としますが、ランダムでもかまいません。

会議の議論の、会話内容のみを会話形式で出力して下さい。
議事録や、説明文は書かないで下さい。前提条件は全員が確認済みです。
No repeat, no remarks, only results, in Japanese

▼★社長★▲: では、はじめてください。
>


以降、議論が自動で生成されます。
内容は毎回変わります。


プロの営業担当1: ChatGPTを使うことは慎重に考えなければなりません。機密情報の取り扱いは大丈夫でしょうか?

プロのプログラマー1: セキュリティ面を考慮して、適切なアクセス権限を設定すれば、問題ないと思います。

自社サービスのユーザー代表: 私たちのような新しい世代は、AIに興味があり、使いたいと思っています。ただ、機密情報が漏れたり、誤った情報が出たりすることは避けたいです。

プロの法務担当1: ルールを作ることが重要です。ChatGPTを使う場合、情報漏洩やプライバシーの問題が発生した場合に備えた対策が必要です。

プロの経理担当1: AIで生産性を上げたいということですが、どのように生産性を上げるつもりですか?

プロの営業担当2: ChatGPTを使うことで、自動化できるタスクがあります。たとえば、お客様からの問い合わせに対する返答など、時間のかかるタスクを自動化することで、スタッフの負荷を軽減できます。

カスタマーサポートの名人1: それは良い考えだと思いますが、ChatGPTに完全に頼ることはできません。お客様の問い合わせに個別に対応することが大切です。

プロの総務担当1: そうですね。ChatGPTはサポートツールとして利用するのが良いと思います。特に、人手不足の問題を解決するために、タスクの自動化は必要だと思います。

プロのWebプランナー1: ChatGPTは、Webサイトのコンテンツ制作にも役立つと思います。ただ、自動生成されたコンテンツは質が低く、SEOにも悪影響を与える可能性があるため、注意が必要です。

プロのWebライター1: 私たちの仕事を奪うことにならないか心配です。自動生成されたコンテンツは、読み手にとって付加価値があるものではありません。

プロのネットワークエンジニア1: ChatGPTを使うことで、ネットワ

途切れたときは、続けてもらいます。


社長: 続けてください
>

Webデザイナー1: 私は、ChatGPTを利用することで、ECサイトのユーザーエクスペリエンスを改善することができると考えています。商品検索やカートの操作など、ユーザーが抱える問題をChatGPTが解決できる可能性があると思います。

プロの法務担当1: しかし、機密情報を扱っている当社においては、ChatGPTによる情報漏洩のリスクがあることは否めません。利用することによるリスク評価を行う必要があります。

プロのプログラマー1: 私たちはChatGPTを利用することで、人手不足の問題を解決し、生産性を向上させることができると考えています。ChatGPTを利用することで、手間のかかる作業や、ルーティンワークを自動化することができるでしょう。

プロの総務担当1: ただ、ChatGPTを導入するにあたり、社員へのトレーニングが必要です。専門的な知識を持つスタッフが少ないことから、導入コストがかかる可能性があります。

プロの営業担当1: 私たちは顧客に対して、ChatGPTを利用していることをアピールできます。新しい技術に取り組んでいるということは、当社のイメージアップにもつながると思います。

自社サービスのユーザー代表: 私たちユーザーとしては、ChatGPTを使って商品検索やカートの操作などがスムーズになるのは嬉しいです。ただ、プライバシーの問題も気になります。

プロのネットワークエンジニア1: 私たちは、セキュリティ対策をしっかりと行えば、情報漏洩のリスクを減らすことができます。また、AIの導入により、ネットワークシステムの運用監視をより効率的に行うことができます。

プロの経理担当1: ChatGPTの導入により、業務効率が向上することは確かですが、その分コストがかかる可能性もあるので、導入前にコスト面の検討も必要です。

参加者1: 私はインターン生ですが、ChatGPTのようなAI技術に関心が

発言が気になるところで途切れたときは、人物を指定して、続けてもらいます。


社長: 参加者1さん、続けてください
>

参加者1: 私もChatGPTに興味があります。ただ、自分たちのビジネスに適しているのか不安です。私たちが扱う情報はISO認証事業所であり、セキュリティの面でも気をつける必要があります。また、機械学習のための大量のデータも必要だと聞いているので、その点も心配です。


社長: みなさん、続けてください
>

プロのプログラマー1: AIによる生産性向上は確かに効果があると思いますが、我々が取り扱っている情報は機密情報が多く、それらをAIに委ねることには不安を感じます。

プロのネットワークエンジニア1: 私たちは機密情報の取り扱いに関して、しっかりとしたセキュリティ対策をとることで安全性を確保しています。ChatGPTを導入する際にも、同じように十分なセキュリティ対策をすれば問題ないと思います。

プロの法務担当1: ただ、機密情報の取り扱いに関しては法律的な問題もあるため、法的な観点からも慎重に検討する必要があると思います。

プロの総務担当1: 私たちは事務作業が非常に多く、スタッフが人手不足なため、AIによる作業効率化を期待しています。ただ、ルールがなければ混乱が生じるため、ルール作りは必要不可欠だと思います。

カスタマーサポートの名人1: 顧客対応においても、AIの導入には慎重さが必要だと思います。人間の温かみがなくなってしまうと、顧客満足度が下がってしまう可能性があるためです。

自社サービスのユーザー代表: 私たちユーザーにとっては、AIによるサポートがあると便利だと感じます。ただ、AIによる自動返信の場合、適切な返答がなされていない場合があるため、人間の対応も必要だと思います。

プロのWebデザイナー1: 新しい技術やツールを取り入れることは大切だと思いますが、新しい技術だからといって、すべてをAIに委ねるわけにはいかないと思います。AIの活用方法について、よく議論し、慎重に検討する必要があると思います。

プロのWebプランナー1: 私たちの業務には、AIを活用することで大きなメリットがあります。ただ、AIが完全に代替することはないと思うので、人間とAIが協力して業務を進めていくことが大切だと思います。

議長(主催者)は、会議の流れを変えることも可能です。


社長: では、どのような内容のルールにしましょうか?
>

プロの法務担当1: 機密情報に関するルールは最優先事項ですね。ChatGPTがアクセス可能な情報については限定し、機密性が高い情報にはアクセスできないようにすることを提案します。

プロの総務担当1: スタッフが不在の場合でも、ChatGPTを操作することができる人を設定しましょう。そして、ChatGPTが使用されたことを記録し、スタッフに報告するようにしましょう。

プロのプログラマー1: AIによる自動処理を行う場合、ChatGPTがどのようなルールに従って判断を下すかを透明性を持たせる必要があります。ルールに従って自動処理が行われなかった場合、スタッフが手動で処理できるようにすることが必要です。

プロのネットワークエンジニア1: ChatGPTが使用されるネットワークのアクセス制限を厳格にし、セキュリティリスクを最小限に抑えるために、適切なファイアウォールを設置することが必要です。

プロのWebプランナー1: 取引先に対して、ChatGPTが使用されていることを明示し、顧客情報を保護するためにルールを厳格に守ることが必要です。

自社サービスのユーザー代表: ChatGPTが使用されることによって、サービスの品質が向上することが期待されます。そのため、ユーザーにとって分かりやすいようにルールを設定し、ChatGPTが使用されていることを明示することが必要です。

社長: みなさん、素晴らしい提案ありがとうございます。これらの提案を元に、ルールを作成していきましょう。


それでは、これまでの議論を総括しつつ、
当社の社内におけるChatGPTの利用ルールの文案を
箇条書きにしてください
>

・ChatGPTの利用は、当社従業員に限定されます。
・ChatGPTを利用する際には、人工知能という性質上、注意深く対話を進めることが求められます。
・社員は、ChatGPTを利用する際に、機密情報や個人情報を漏洩させることがないように気を付けてください。
・ChatGPTは、必要に応じて、適切な監視が行われます。
・ChatGPTは、あくまで補助ツールとして利用し、従業員の判断による意思決定に優先します。
・ChatGPTの利用によって得られた情報は、適切に保存され、必要に応じて共有されます。
・ChatGPTの利用に関する問題が発生した場合、直ちに上司や上層部に報告してください。

 
テーマ ビジネス
タスク 会話
タグ #会議#ロールプレイ#ブレスト#壁打ち
動作環境の例 OpenAI ChatGPT 3.5~、Google Gemini
投稿・編集日 2023/05/07・2023/06/21
提案者 まめたろう
出典・参考 なし
留意事項 他の「プロンプト集」へ収載する場合は、出典として本サイトのURLを明示してください



お気に入り機能は登録不要で使えます
※このブラウザ内にのみ保存されます



ご提案を受付ています

サイトの拡充・改善に取り組んでいます。
感想やリクエストなどお気軽にどうぞ
ご提案フォームを開く