ChatGPTとは
使い方のガイド
文例・例文のサンプル
ChatGPTについて教えて
始め方(はじめかた)、書き方
プロンプトのテンプレート

AIへの会話指示文/プロンプト

image

上手な業者の見つけ方

6     2427   𝕏 シェア


基本的な使い方

Googleで検索しても出てくるのは業者のアピールばかりですよね。
公平な基準を教えてもらうには、ChatGPTが向いています。

例文のテーマは「ホームページ作成」ですが、あなたのニーズに合わせて変更して使えます。

※ このテンプレートは特におすすめです!
単発ではなく、2個目以降のプロンプトとセットです。



▲1▲を依頼できる業者を探しています。
信頼できる業者で、よいサービスを、妥当な価格で受けるには
どのような判断ポイントで選定すれば良いでしょうか。
>

ホームページ作成業者を選定するにあたり、以下のポイントに注意すると良いでしょう。

1. 信頼性の高い業者かどうか確認する

業者の信頼性を確認するために、以下の情報をチェックしてみましょう。 ・業者のウェブサイトに掲載されている情報や、口コミサイトなどから、実績や評判を確認する。 ・業者が運営しているウェブサイトやSNSアカウントを確認し、プロフィールや投稿内容から信頼性を判断する。 ・業者が所属している団体や組合、認証を取得しているかどうか確認する。

2. ポートフォリオを確認する

業者のポートフォリオをチェックすることで、過去にどのようなホームページを制作しているか、制作の得意分野やスタイルを確認することができます。ポートフォリオが充実している業者は、信頼性が高いといえます。

3. 料金プランを確認する

ホームページ作成業者の料金プランを比較し、妥当な価格かどうか確認しましょう。ただし、安いからといって必ずしも良いとは限りません。サービス内容や制作品質を含めて全体的なバランスを見て、コストパフォーマンスが良い業者を選ぶことが重要です。

4. サポート体制を確認する

ホームページ作成後のサポート体制がしっかりしている業者を選ぶことも重要です。例えば、ホームページのトラブルや不具合が起きた場合に迅速に対応してくれるかどうか、定期的なメンテナンスサービスがあるかどうかなど、サポート体制について確認しておきましょう。

5. コミュニケーションのしやすさを確認する

ホームページ制作には、業者とのコミュニケーションが重要になってきます。業者との相性が悪いと、スムーズな制作ができないこともあります。初めに相談をする際に、業者とのコミュニケーションがスムーズにできるかどうか


発注するにあたって、
よりクオリティの高い仕事をしてもらうために
我々が業者に提供すべき情報はなんでしょうか?
事前に検討しておきたいです。
>

よりクオリティの高いホームページを作成するために、
業者に提供すべき情報は以下のようなものが挙げられます。

1. 目的やターゲットの明確化

ホームページの制作にあたって、何を目的としているのか、どのようなターゲットを想定しているのかを明確にすることが重要です。業者には、ホームページの目的やターゲットを詳しく説明し、共有することで、最適なデザインやコンテンツを提案してもらうことができます。

2. サイトマップや構成の共有

ホームページの構成やページの数、ナビゲーションの設計などを、業者と共有することで、スムーズな制作が可能になります。サイトマップを作成し、共有することで、どのようなページが必要なのか、どのような階層構造になっているのかを明確にすることができます。

3. コンテンツの提供

ホームページのコンテンツは、業者が制作するための重要な材料です。業者には、提供するコンテンツの種類や量、イメージや文言のイメージなどを共有し、業者と一緒にコンテンツ制作を進めていくことが重要です。

4. デザインのイメージ共有

ホームページのデザインは、業者とのコミュニケーションが非常に重要になります。業者には、イメージやカラーコンセプト、ロゴや画像の提供などを行い、デザインの方向性を共有することが重要です。

5. 制作スケジュールの共有

ホームページの制作期間や納品時期を、業者と事前に共有することで、スムーズな制作が可能になります。業者との調整やスケジュール管理をしっかり行い、納品までのスケジュールを確認しておくことが重要です。


見積もりを安く抑えるためにできる工夫はありますか?
>

見積もりを安く抑えるためには、以下のような工夫があります。

1. 詳細な要件定義の作成

見積もりを出す際には、作成するホームページの機能やページ数、デザインやコンテンツの作成など、必要な要件を詳細に定義することが大切です。業者には、明確な要件を提供することで、必要な作業量を正確に見積もることができ、見積もりの精度が上がります。

2. テンプレートの利用

ホームページの作成にあたって、オリジナルデザインを作成する場合は、制作に時間とコストがかかります。一方で、既存のテンプレートを利用することで、デザインの作成やコーディングの時間を節約することができます。ただし、テンプレートを利用する場合でも、要件や目的に合わせたカスタマイズは必要です。

3. コンテンツの自主制作

ホームページのコンテンツは、業者に制作を依頼することもできますが、自社で制作することでコストを抑えることができます。自社でコンテンツ制作を行う場合は、制作に必要な時間やスキル、リソースを考慮し、余裕を持って計画を立てることが重要です。

4. 納期の調整

業者に依頼する際に、納期を長めに設定することで、制作に余裕が生まれ、コストを抑えることができます。ただし、納期が長い場合は、制作期間中に発生するトラブルや変更に対応する余裕を持つ必要があります。

5. デザインのシンプル化

ホームページのデザインをシンプルにすることで、コーディングやデザインの時間を削減することができます。ただし、シンプルにすることで伝えたいメッセージやブランドイメージが損なわれる場合は、注意が必要です。

 
テーマ ビジネス
タスク 説明
タグ #調達#発注#総務#お金の使い方
動作環境の例 OpenAI ChatGPT 3.5~
投稿・編集日 2023/04/02・2023/04/01
提案者 まめたろう
出典・参考 なし
留意事項 他の「プロンプト集」へ収載する場合は、出典として本サイトのURLを明示してください



お気に入り機能は登録不要で使えます
※このブラウザ内にのみ保存されます



ご提案を受付ています

サイトの拡充・改善に取り組んでいます。
感想やリクエストなどお気軽にどうぞ
ご提案フォームを開く