ChatGPTとは
使い方のガイド
文例・例文のサンプル
ChatGPTについて教えて
始め方(はじめかた)、書き方
プロンプトのテンプレート

AIへの会話指示文/プロンプト

image

インタビューをもとに記事を書いてもらう

23     5607   𝕏 シェア


基本的な使い方

取材先をインタービューした要点を箇条書きで与えるだけで、ブログや雑誌・SNSなどの記事本文とタイトル案を生成させることができます。



あなたはプロのライターとして、
取材先へのインタービュー内容をもとに、記事を書きます。

まず、下記の{前提と背景}をふまえて、
{今回取り上げる動き}をテーマとして、
{インタービューの要点}を効果的に使いながら、
記事本文を、{制約条件}を守って書いてください。
最後に、読者が思わず読みたくなるような
【記事全体のタイトル案】を5個、番号付きの箇条書きで書いてください。


【前提と背景】
▼★
・新宿駅前にある創業100年の和菓子店「能茶屋」さんを紹介
・和菓子店の新しいビジネスを紹介する記事
★▲
【今回取り上げる動き】
▼★
・日本茶をベースにしたドリンクスタンドを開設
★▲
【インタービューの要点】
▼★
・となりのファーストフード店への来客を取り込む
・和菓子の売上が低迷
・若い社長に事業承継をしたばかり
・社長は30歳の4代目。就任して2年。
・社内アイデアで、新入社員の女性スタッフが発案
・おしゃれな日本茶の"スタバ"をめざす。
・抹茶ラテや、ラテアートまでも提供
・初日から100人のお客さんがいて、土日には200万円の売上になる。
・来年は、売上倍増を見込む
・今後も、コバンザメ商法で、繁盛しているファーストフード店の密集地に出店したい
・日本茶は、緑茶だけでも5種類。その他、ルイボス茶、番茶なども選べる。
・ホットもコールドも提供。
★▲
【制約条件】
▼★
・4つの段落に分けて、それぞれ150文字程度にまとめる。
・段落は、起きている現象、お店の紹介、お店の狙い、今後についての4つに分けて、ストーリーを立てます。各段落ごとのキャッチ(段落タイトル)を、それぞれ12文字程度で、オリジナルなものを考えて、冒頭に付加してから、各段落の本文を書きます。
・読みやすい、新入社員のビジネスパーソン向けの丁寧な文章(です、ます調)で書いてください
・記事の掲載メディアは雑誌とSNSで、ビジネスパーソンがターゲットである
★▲
>


【記事本文】

【起業家の新たな一手】
創業から100年、新宿駅前で和菓子を提供し続ける「能茶屋」。しかし、近年は和菓子の売上が低迷。そこで、先日事業を承継したばかりの若き4代目社長が、新たな一手を打つことを決意しました。30歳の社長は、就任して2年目にして大きな一歩を踏み出します。

【イノベーションの源泉】
新たな一手とは、日本茶をベースにしたドリンクスタンドの開設。その発案者は新入社員の女性スタッフで、社内のアイデアから生まれたこの事業は、社長の下、快進撃を続けています。「おしゃれな日本茶の"スタバ"をめざす」そのスタンドは、抹茶ラテやラテアートまで提供し、そのスタイルは新たな客層の心を捉えています。

【危機をチャンスに】
周りのファーストフード店から来客を取り込む「コバンザメ商法」。初日から100人のお客様が訪れ、土日には200万円の売上を記録。その人気は、日本茶だけでも5種類、その他にもルイボス茶や番茶が選べる多彩なメニューと、ホットもコールドも提供する柔軟性から来ています。さらに、来年は売上倍増を見込むとのこと。

【未来への挑戦】
「能茶屋」の新たな試みは、これからも続きます。繁盛しているファーストフード店の密集地への出店を視野に、ビジネス展開を進めていきます。伝統と新しさを融合させた「能茶屋」の挑戦は、これからも目が離せません。

【記事全体のタイトル案】

1. "革新の一杯から:能茶屋の新たな挑戦"
2. "和の伝統から新ビジネスへ:能茶屋の変革"
3. "能茶屋:新宿で広がる和の風"
4. "100年の歴史と新風:能茶屋の挑戦"
5. "一杯の日本茶から始まる物語:能茶屋の新たな一歩"


気に入らない場合は、何度でも再作成(書き直し)を
させることができます。
 

他のバリエーション

インタビュー形式に戻すこともできます。


この記事の内容と同じになるように、詳細を再現して、
社長と記者の対話(インタビュー風)に書き直してください。
>

【記者】: "能茶屋"の社長、本日はお時間を頂きありがとうございます。早速ですが、和菓子店でありながら日本茶のドリンクスタンドを開設した理由を教えていただけますか?

【社長】: もちろんです。まず、新宿という土地柄、和菓子の売上は少し低迷していました。そこで、若い世代のお客様にも楽しんでいただける新たな提案をと考えたんです。新入社員の女性スタッフがアイデアを出してくれて、それが現在のドリンクスタンドです。

【記者】: そのドリンクスタンドは、今、かなり話題となっていますよね。ラテアートまで提供するとは、なかなかの挑戦です。

【社長】: そうなんです。私たちの目指すのは、おしゃれな日本茶の"スタバ"。さまざまな日本茶をベースにしたドリンクを提供することで、新たな顧客層に日本の伝統を楽しんでもらえればと思います。

【記者】: ビジネス面での効果はいかがでしょうか?

【社長】: 開店初日から多くのお客さんに来ていただき、土日には200万円の売上になる日もあります。そして、来年は、売上がさらに倍増すると見込んでいます。

【記者】: 素晴らしい成果ですね。今後の展望については?

【社長】: コバンザメ商法で、繁盛しているファーストフード店の密集地に出店したいと考えています。そして、隣のファーストフード店への来客を引き込むことで、さらなる売上向上を狙っています。

【記者】: なるほど、和菓子店の枠を超えて新しい顧客を獲得すると。そのアイデア、期待しています。それでは、最後に「能茶屋」さんの未来像を教えていただけますか?

【社長】: 今後も和菓子の伝統を大切にしつつ、新しい試みを重ねていきます。特に、ホットもコールドも提供するドリンクスタンドは、私たちの新しい武器です。業績が伸び悩む和菓子事業への活力注入と、さらなる店舗拡大による成長を期待しています。

【記者】: 本日はありがとうございました。

 
テーマ マーケティング・広告
タスク 文案の作成
タグ #コピーライティング#インタビュー
動作環境の例 OpenAI ChatGPT 3.5~、Google Gemini
投稿・編集日 2023/06/15・2023/06/15
提案者 まめたろう
出典・参考 なし
留意事項 他の「プロンプト集」へ収載する場合は、出典として本サイトのURLを明示してください



お気に入り機能は登録不要で使えます
※このブラウザ内にのみ保存されます



ご提案を受付ています

サイトの拡充・改善に取り組んでいます。
感想やリクエストなどお気軽にどうぞ
ご提案フォームを開く