ChatGPTとは
使い方のガイド
文例・例文のサンプル
ChatGPTについて教えて
始め方(はじめかた)、書き方
プロンプトのテンプレート

AIへの会話指示文(プロンプト)

image

大学進学で自分にあった志望学部・学科を見つける

12     2016   𝕏 シェア


基本的な使い方

進路選びに悩む高校生にとって、何を専攻するかという選択は偏差値以上に重要です。
それは、自己理解という要素を必要とするからです。

ChatGPTの力も借りながら、ぜひとも全力で考えてみてください。一生を左右する事柄ですので、できればGPT-4がおすすめです。

※「あなた」というのはAIを指します。
「本人」の部分が、高校生(質問者)にあたりますので、
緑色になっている字の部分を、自分に合う内容に差し替えてから、
ChatGPTに送信して使いましょう。



あなたは経験豊かな起業家で、受験と就職のアドバイスを行う
有名な専門会社を経営しています。また、大学に対して、
学部や学科の新規創設のコンサルティングも行っています。

以下のような日本の高校生(本人)が大学に進学する場合、
どのような学問の専攻に適性があるでしょうか?
学科の名称を使って、簡潔に、
向いている理由と、そこで学ぶ事ができる能力をセットにして、
番号付きの例だけを表示してください。

【本人の得意科目と苦手科目】▼★
・超絶に得意: なし
・普通に得意: 英語、国語
・普通に苦手: 世界史
・絶対に苦手: 数学、理科
・その他: ネットやゲームが好き★▲

【本人の意見やスタイル】▼★
・高度な数学は絶対にできないので文系かもしれない
・平凡なので芸術系は無理
・海外には行きたくない★▲

【本人の興味分野、将来の希望】▼★
・お金儲けに興味があるので実用性のある学科
・就職で有利になりたい
・一流企業に入るか起業したい★▲

#出力フォーマット
【向いている学科】5案
<向いている理由>
<学べる能力>
>

【1. 商学部】
<向いている理由>
商学部はビジネスや経済に関する知識を学ぶ学科で、お金儲けに興味があり、就職で有利になりたいと考えている本人には最適です。また、英語力も活かすことができます。

<学べる能力>
マーケティング、経済学、会計学、経営学などの実践的な知識やスキルを習得できます。これらは一流企業に就職するため、または自分でビジネスを始めるために必要な知識とスキルです。


【2. 情報学部】
<向いている理由>
本人がネットやゲームが好きとのことから、情報学部での学びが興味を引く可能性があります。高度な数学が苦手でも、基本的な論理思考や問題解決能力を育てることが可能です。

<学べる能力>
情報技術、ソフトウェア開発、ネットワーク設計、データ解析など、IT業界で活躍するための基礎知識とスキルを身につけます。


【3. 外国語学部】
<向いている理由>
本人が英語に得意とのことから、外国語学部での学びが適しています。海外に行きたくないとのことですが、英語を活かす職業は国内でも多数存在します。

<学べる能力>
外国語の他に、異文化理解や国際関係の知識などを習得し、国際的な視野を持つことができます。


【4. 社会学部】
<向いている理由>
社会学部では人間の社会的な行動や現象を学びます。これは一流企業で働くために重要なスキルです。また、国語の能力を活かすことができます。

<学べる能力>
社会学、心理学、政治学などの幅広い分野からの知識と、それを用いて社会問題を分析する能力を習得します。


【5. マスコミュニケーション学部】
<向いている理由>
本人が国語と英語が得意であり、一流企業に就職したいと考えていることから、マスコミュニケーション学部はコミュニケーション能力と理解力を強化するための適切な場所となります。

<学べる能力>
広報、マーケティング、ジャーナリズム、広告などの分野で活躍するためのコミュニケーションスキルとクリティカルシンキング能力を習得します。

※ 注意 ※
学部や学科の名前や、その教育内容は多種多様です。
上記の学科名に縛られずに、学びたいことに関連する学部を調べるようにしましょう。(次の次に、そのためのプロンプトも用意してあります)

・例: マーケティング → 商学科、経営学科、国際ビジネス学科など
・例: ホテル勤務 → コミュニケーション学科、海外文化学科、商業サービス学科など


少しでもいいので、
興味に近いものがあったら、深く掘り進んでみましょう。


▼★1番の「商学部」★▲
に興味があります。
どのようなテーマについて学ぶことができますか?
詳しく教えてください。

#出力フォーマット
【一般的なテーマ】
【将来、注目を集めそうなテーマ】
【一般的ではないけれど重要なテーマ】
>

商学部ではビジネスや経済に関する広範なテーマについて学びます。

【一般的なテーマ】

  1. 経済学:経済活動や市場の仕組みを理解するための基礎的な理論を学びます。マクロ経済学やミクロ経済学といった基本的な経済学の原理を学ぶとともに、金融経済学や国際経済学などの応用的な分野も扱います。
  2. 経営学:企業の運営や組織の管理に関する理論を学びます。組織行動論、戦略論、リーダーシップ論などが含まれます。
  3. 会計学:企業の財務状況を理解するための基本的なスキルを学びます。財務会計と管理会計の基本的な理論と実践を学びます。
  4. マーケティング:製品やサービスの市場戦略を構築するための理論を学びます。消費者行動論、ブランディング、プロモーション戦略などが含まれます。

【将来、注目を集めそうなテーマ】

  1. デジタルマーケティング:インターネットやデジタル技術を活用したマーケティング手法について学びます。ソーシャルメディアマーケティング、SEO、SEMなどの戦略について理解を深めます。
  2. ビッグデータとビジネスインテリジェンス:大量のデータを活用してビジネス上の意思決定を行うスキルについて学びます。データ分析、予測モデリング、ビジネスインテリジェンスツールの利用などを学びます。
  3. サステナブルビジネス:環境や社会への影響を考慮したビジネスモデルや経営戦略について学びます。企業の社会的責任(CSR)や持続可能な開発目標(SDGs)について理解を深めます。

【一般的ではないけれど重要なテーマ】

  1. ビジネスエシックス:企業活動における道徳的な問題について学びます。組織の倫理規範やコンプライアンス、企業スキャンダルの分析などを行います。
  2. エンタープライズリスクマネージメント:企業のリスク管理について学びます。戦略的なリスク、財務リスク、運用リスクなど、さまざまな種類のリスクについて理解し、それらを適切に管理する方法を学びます。


今回は、志望大学の学部・学科を探していますので、
勉強したい分野や内容をもとにして、
再びヒントをもらいます。


▼★マーケティング★▲
について興味があります。
大学の「学部と学科名」のバリエーションを例示してください。
>

マーケティングについて学ぶための大学の学部と学科の例を以下に挙げます。ただし、大学により学部名や学科名は異なることがありますので、具体的な学校を決定する際には各大学のカリキュラムを確認してください。

1. 経済学部 - ビジネス経済学科
2. 経営学部 - ビジネスマネジメント学科
3. 商学部 - マーケティング学科
4. 国際学部 - 国際ビジネス学科
5. 社会科学部 - ビジネスコミュニケーション学科
6. 情報学部 - デジタルマーケティング学科

これらの例はあくまで一例で、具体的な学部や学科名は大学によって異なります。

さらに深く掘り進んでみましょう。


▼★マーケティング★▲
について深く学んだ場合、
将来はどのような職業につくことが可能ですか?

#出力フォーマット
【職業の例】5個
・職業名とキャリアパスの例示
>

マーケティングを深く学んだ後は、多岐にわたるキャリアパスが開けます。
以下に例を挙げてみましょう。

【1. マーケティングマネージャー】
マーケティングマネージャーとして、企業のマーケティング戦略全体を立案し、実行することが主な役割です。初めはアシスタントから始まり、実績と経験を積んでマネージャーに昇進することが一般的なキャリアパスです。

【2. ブランドマネージャー】
ブランドマネージャーは、企業のブランドイメージの管理と育成を担当します。ブランド戦略の設計、マーケティングキャンペーンの実行、市場調査などを行います。初めはマーケティング部門の一員として働き、その後にブランドマネージャーとしてスペシャリストになることが可能です。

【3. デジタルマーケティングスペシャリスト】
デジタルマーケティングスペシャリストとして、ウェブサイトのSEO最適化、ソーシャルメディア戦略、Eメールマーケティングなど、デジタルチャネルを活用したマーケティング戦略を担当します。この分野では、一般的には初めから特定のデジタルマーケティングのスキルに特化して働くことが多いです。

【4. 市場調査アナリスト】
市場調査アナリストは、消費者の行動、競争状況、市場の動向などを研究し、その情報を基にマーケティング戦略を策定します。データ分析のスキルが求められ、企業のマーケティング部門や市場調査会社で働くことが一般的です。

【5. プロダクトマネージャー】
プロダクトマネージャーは、製品開発の全過程を管理し、製品が成功するようにマーケティング戦略を設計します。テクノロジー企業や製造業で特に需要が高く、初めは製品開発やマーケティングの一部を担当し、経験を積んでプロダクトマネージャーになることが可能です。

▼★
デジタルマーケティングスペシャリスト★▲
になりたいです。

この職業について詳しく教えてください。

#出力フォーマット
【詳細な仕事内容の例】
【仕事に就く方法とその後のキャリアパスの例】
【その仕事について学ぶ良い事例やリソース】
>

【詳細な仕事内容の例】

デジタルマーケティングスペシャリストは、企業のオンラインマーケティング戦略の設計と実行に関わります。その主な業務内容は以下の通りです。

  1. ウェブサイトのSEO(検索エンジン最適化): ウェブサイトが検索エンジンの結果ページで上位に表示されるように、ウェブサイトの内容や構造を調整します。
  2. SEM(検索エンジンマーケティング): Google Adsなどのツールを使用して、検索エンジンの広告を管理します。
  3. ソーシャルメディアマーケティング: Facebook、Instagram、Twitterなどのソーシャルメディアを活用して、ブランドの認知度を向上させるキャンペーンを行います。
  4. コンテンツマーケティング: ウェブサイトやブログ、メールニュースレターなどの媒体で共有するための魅力的なコンテンツを作成します。
  5. データ分析: Google Analyticsなどのツールを使用して、マーケティングキャンペーンの効果を分析し、改善点を見つけ出します。

【仕事に就く方法とその後のキャリアパスの例】

デジタルマーケティングの分野には多くのエントリーレベルの職種があり、初めはアシスタントやコーディネーターとして働くことが一般的です。また、デジタルマーケティングに関する専門的な知識を持つことが求められるため、関連する認定資格を取得すると有利になることがあります。

経験とスキルを積むと、デジタルマーケティングマネージャーやデジタルマーケティングディレクターとして、部門全体の戦略を立案し、実行する役割を担うことができます。さらに、幅広いマーケティングの知識と経験を持つことで、CMO(最高マーケティング責任者)になることも可能です。


【その仕事について学ぶ良い事例やリソース】

  1. オンラインコース: UdemyやCourseraなどのオンライン学習プラットフォームで提供されているデジタルマーケティングのコースを受講することがおすすめです。これらのコースでは、SEO、SEM、ソーシャルメディアマーケティング、コンテンツマーケティングなどの基本的なテーマを学ぶことができます。
  2. 認定資格: Google Ads認定資格やGoogle Analytics認定資格などは、デジタルマーケティングスペシャリストとしてのスキルを証明するのに役立ちます。
  3. ブログやポッドキャスト: "Moz Blog"や"Marketing Over Coffee"などのブログやポッドキャストは、デジタルマーケティングの最新のトレンドやベストプラクティスを学ぶための良いリソースです。
  4. 実践的な経験: 自分自身のブログを作成したり、ソーシャルメディアアカウントを管理したりすることで、デジタルマーケティングのスキルを実践的に学ぶことができます。



最後に、下記のプロンプトで「わくわく」するかを確認してみましょう。


この分野の、
最新の動向と、10年後の予想を教えてください。
>

【最新の動向】

  1. AIとマーケティングの結合: 人工知能(AI)は、顧客の行動を理解し、パーソナライズされた体験を提供するための強力なツールとなっています。AIは、コンテンツ推奨、チャットボット、予測分析など、デジタルマーケティングのさまざまな側面で使用されています。

  2. データの重要性: マーケティング活動の効果を測定し、改善するためには、データ分析が欠かせません。データ駆動型の意思決定は、デジタルマーケティングの中心的な部分となっています。

  3. ソーシャルメディアの進化: ソーシャルメディアは、広告からカスタマーサービス、ブランド構築まで、多岐にわたる目的に使用されています。特に、インフルエンサーマーケティングや社会的な課題に対するブランドの取り組みが注目されています。


【10年後の予想】

  1. AIのさらなる発展: AIは、より個別化された顧客体験の提供や、より精密な予測分析など、デジタルマーケティングのさまざまな側面でさらなる発展を遂げると予想されています。

  2. プライバシーとデータ保護の重視: データ保護とプライバシーに対する関心が高まる中、マーケティング活動もこれらの問題を重視したものになると予想されています。顧客からの信頼を得るために、企業は透明性を確保し、データを適切に管理することが求められます。

  3. サステナビリティとマーケティングの結合: 企業のサステナビリティへの取り組みが顧客から高く評価されると予想されています。そのため、企業のマーケティング戦略は、サステナビリティを中心的な要素として取り入れる可能性があります。



 
テーマ 子育て・教育自己啓発・職業
タスク 分析・推論意思決定説明
タグ #勉強#アドバイス#自己分析#自分の再発見
動作環境の例 OpenAI ChatGPT 3.5~、Google Gemini
投稿・編集日 2023/06/27・2023/06/27
提案者 まめたろう、Yuking
出典・参考 なし
留意事項 他の「プロンプト集」へ収載する場合は、出典として本サイトのURLを明示してください



お気に入り機能は登録不要で使えます
※このブラウザ内にのみ保存されます



ご提案を受付ています

サイトの拡充・改善に取り組んでいます。
感想やリクエストなどお気軽にどうぞ
ご提案フォームを開く