ChatGPTとは
使い方のガイド
文例・例文のサンプル
ChatGPTについて教えて
始め方(はじめかた)、書き方
プロンプトのテンプレート

AIへの会話指示文/プロンプト

image

予算を戦略的に配分するアイデア

12     2882   𝕏 シェア


基本的な使い方

予算配分はプロジェクト管理において非常に重要な要素です。
ChatGPTはこの予算配分の妥当なラインを
示すことができます。

プロジェクトに関する情報をより詳細に与えると精度も向上します。
ただし、AIが貴社の全ての状況を把握できるわけではありませんので、
計画作成時の参考値や初期値としてお使いください。

緑色の字の部分を差し替えてお使いいただけます。"""に囲まれてさえいれば、自由に記述することもできます。
※ お金が絡む場合は、精度の高いGPT-4の使用を推奨します



あなたは超一流のビジネスプランナーです。
以下のプロジェクトのための予算の配分を、
戦略的に考えて、最適な配分となるよう、
表形式で教えてください。

【実施する主体】
"""▼★
・東京の郊外にある居酒屋★▲
"""
【プロジェクトの説明】
"""▼★
・マーケティング戦略を計画している
・プロジェクトの目標: 売上アップ
・プロジェクトの期間: 短期で勝負
・競合の状況やリスク要素: まわりに大型店が出店してきた★▲
"""
【予算の総額、配分する切り口】
"""▼★
・マーケティング予算で100万円
・考えられる各施策への資金配分★▲
"""

【出力項目】
配分対象: 何に使うのかを詳細に明示して
金額と割合(%): 予算の総額のうち、どのぐらいを投入するか
概要: その理由や目的、注意点やメリットなどを簡潔に

【出力フォーマット】
|配分対象|金額と割合(%)|概要|

>

以下に提案するマーケティング予算の配分です。

出費対象金額と割合(%)概要
デジタルマーケティング(SNS広告など)300,000円 (30%)SNS等を利用したデジタルマーケティングに投資します。地域密着型のメッセージを広げることで、新規客の獲得とリピーターの増加を目指します。
フライヤー/POP作成200,000円 (20%)直接的なアプローチを強化するため、フライヤーや店内POPを作成します。これにより、店頭でのアピールを強化し、飛び込み客の増加を促します。
新メニュー開発200,000円 (20%)競合店との差別化を図るために、新メニューの開発に投資します。また、新メニューはSNSでの拡散効果も期待できます。
コラボレーションイベント200,000円 (20%)近隣のビジネスや地域のイベントとコラボレーションすることで、居酒屋の認知度を高め、新規客の獲得を図ります。
顧客リターゲティング(クーポン配布など)100,000円 (10%)既存顧客へのリピートを促すために、クーポンや特別サービスを提供します。顧客満足度の向上とリピート率のアップを目指します。

この予算配分は、競争状況が厳しくなっていることを考慮して、新規客の獲得と既存顧客のリピートをバランスよく目指すように設計しています。また、デジタルマーケティングと直接的なアプローチ(フライヤーやPOP)の両方を組み合わせることで、多角的なアプローチを行うことを目指しています。



もう一つ、「社内」での予算配分の場合で例を示します。


あなたは超一流のビジネスプランナーです。
以下のプロジェクトのための予算の配分を
戦略的に考えて、最適な配分となるよう、
表形式で教えてください。


【実施する主体】
"""▼★
・日本にある精密機器の製造業★▲
"""

【プロジェクトの説明】
"""▼★
・新分野開拓プロジェクト
・プロジェクトの目標: 新分野で事業のポートフォリオを強化し、時代の変化に適応する
・プロジェクトの期間: 3年で勝負
・競合の状況やリスク要素: 工場の人手不足★▲
"""

【予算の総額、配分する切り口】
"""▼★
・3年間の総予算 2000億円
・会社の各部門への資金配分★▲
"""

【出力項目】
配分対象: 何に使うのかを詳細に明示して
金額と割合(%): 予算の総額のうち、どのぐらいを投入するか
概要: その理由や目的、注意点やメリットなどを簡潔に

【出力フォーマット】
|配分対象|金額と割合(%)|概要|
>

以下に提案する新分野開拓プロジェクトの予算配分です。

配分対象金額と割合(%)概要
研究開発部門1000億円 (50%)新分野への進出を支えるため、研究開発は重要な要素となります。最新技術の習得や新製品の開発に向けた研究に投資します。
生産設備投資400億円 (20%)新製品の生産に必要な設備投資です。最新の自動化技術を導入して、人手不足のリスクを緩和します。
人材育成・採用300億円 (15%)新分野に対応するためのスキルを持つ人材の育成や採用に投資します。これにより、中長期的な事業展開をサポートします。
マーケティング200億円 (10%)新製品の売り込みとブランドイメージの構築のためのマーケティング費用です。新分野での認知度向上と販路拡大を目指します。
リスクマネージメント100億円 (5%)予期せぬ問題やリスクに対応するためのバッファーとして用意します。これにより、事業の進行をスムーズにします。

この予算配分は、新分野への進出に伴うリスクを考慮し、研究開発、人材育成、生産設備への投資、そしてマーケティングとバランス良く投資することを目指しています。また、リスクマネージメントの予算を設けることで、予期せぬ問題に対する対応力を確保します。



さらに深掘りすることも可能です。


生産設備投資の400億円をブレークダウンしてください。
>

生産設備投資の400億円の内訳について以下に示します。

配分対象金額と割合(%)概要
新製造ライン設備200億円 (50%)新製品の生産ラインの設置および設備導入費用です。新分野の製品を生産するための必要な設備の投資を行います。
自動化/ロボットシステム120億円 (30%)製造工程の自動化を図るためのロボットシステムやAIの導入費用です。これにより、人手不足のリスクを緩和し、効率化を図ります。
メンテナンス・アップグレード60億円 (15%)設備の保守・メンテナンス費用および将来的なアップグレード費用です。長期的な設備の稼働とパフォーマンス向上をサポートします。
安全・環境対策20億円 (5%)作業安全対策や環境対策のための設備投資です。労働環境の改善と法令遵守を目指します。

生産設備投資では、新製品の生産ラインの設置と自動化システムへの投資を主に行います。それらを支えるためのメンテナンス・アップグレードと、安全・環境対策も忘れずに配分します。



出力される配分はあくまでも、教科書的なものですので、貴社に合わせて練り直してください。
 
テーマ ビジネス
タスク 計画立案
タグ #プロジェクトマネジメント#経営・事業計画#予算#お金の使い方#自治体・公共サービス
動作環境の例 OpenAI ChatGPT 3.5~、Google Gemini
投稿・編集日 2023/07/03・2023/07/03
提案者 まめたろう
出典・参考 なし
留意事項 他の「プロンプト集」へ収載する場合は、出典として本サイトのURLを明示してください



お気に入り機能は登録不要で使えます
※このブラウザ内にのみ保存されます



ご提案を受付ています

サイトの拡充・改善に取り組んでいます。
感想やリクエストなどお気軽にどうぞ
ご提案フォームを開く