ChatGPTとは
使い方のガイド
文例・例文のサンプル
ChatGPTについて教えて
始め方(はじめかた)、書き方
プロンプトのテンプレート

AIへの会話指示文/プロンプト

image

効率的なチーム編成を考えてもらう

8     2948   𝕏 シェア


基本的な使い方

チーム構成と人員配分をどのように行うか、
そしてその最適なバランスを見つけるためのプロンプトです。

チームビルディングの目的や状況に合わせて、
緑色の字の部分を差し替えてお使いください。



以下のプロジェクト内容で、メンバーを集めます。
チームの構成(担当する内容)、人員配置や人数分配を
考えてください。


【プロジェクト内容】
▼★
・AIを使った新しい語学学習のアプリで起業したい。
・収益モデル: アプリ課金★▲

【人数や予算】
▼★
・総人数は30人とします。
・1年間で2億円★▲

【既に決まっているメンバーや外注】
▼★
・CEO: 1人
・経理: 1人
・カスタマーサポート: 外注★▲
>

【プロジェクトチームの提案】

以下に、プロジェクトの目的と内容に合わせたチームの構成と人員配置を提案します。人数の総計が指定の30人になるように調整しています。


  1. 経営層: 既にCEOと経理は確定しています。ここに追加して、COO(Chief Operating Officer)を1人追加します。COOは日々の業務の運営を担当し、CEOがビジョンと戦略に集中できるようにします。

  2. プロダクト開発部: AIを使った語学学習アプリの開発を担当します。

    • AIエンジニア: 6人
    • ソフトウェアエンジニア: 6人
    • ユーザーエクスペリエンス(UX)デザイナー: 2人
    • ユーザーインターフェイス(UI)デザイナー: 2人
  3. コンテンツ開発部: アプリ内で使用する語学の教材やコンテンツを開発します。専門の言語学者とエディターを配置します。

    • 語学学者/教材開発スペシャリスト: 4人
    • エディター: 2人
  4. マーケティング&セールス部: アプリのプロモーション、顧客獲得、収益化戦略の立案と実施を担当します。

    • マーケティングマネージャー: 1人
    • マーケティングスタッフ: 2人
    • セールススタッフ: 1人
  5. 人事・採用部: 新たな人材の採用や社内の人材開発を担当します。また、労務管理も行います。

    • 人事/採用担当: 1人

カスタマーサポートは既に外注されているとのことですので、その管理やコーディネーションはCOOやプロダクトチームが行うと良いでしょう。また、特定の専門的な作業については、予算内で外部の専門家に依頼することも考えられます。

ただし、これらの配置はあくまで一例です。プロジェクトの具体的な要件や期間、技術、目標市場などによって適宜調整が必要です。また、スタートアップの初期段階では、一人のメンバーが複数の役割を担うことも珍しくありません。





社内プロジェクトの場合でも、同様に使うことができます。


以下のプロジェクト内容で、メンバーを集めます。
チームの構成(担当する内容)、人員配置や人数分配を
考えてください。


【プロジェクト内容】
▼★
・社内プロジェクト
・我が社は製造業(精密機械)
・2年後に株式上場したいので社内体制を整えたい★▲

【人数や予算】
▼★
・総人数は10人とします。
・2年間で2億円★▲

【既に決まっているメンバーや外注】
▼★
・社内の各部門から集める★▲
>

【プロジェクトチームの提案】

製造業(精密機械)の企業で、2年後の株式上場に向けて社内体制を整備するというプロジェクト内容に基づき、以下にチームの構成と人員配置を提案します。人数の総計は指定の10人になるように調整しています。


  1. プロジェクトマネージャー: 1人

    • プロジェクトの全体的な進行管理とコーディネーションを担当します。
  2. 財務部門: 2人

    • 財務、会計、監査に関連する領域での経験を持つメンバーが必要です。上場に向けての財務報告体制の整備、内部統制の確立等を担当します。
  3. 法務部門: 1人

    • 法規制の遵守、契約管理、企業のリスク管理などを担当します。また、上場に関する規制等についても理解しておく必要があります。
  4. 人事部門: 1人

    • 社員の管理、能力開発、人事評価制度の整備などを担当します。上場企業として求められる人事体制の確立を行います。
  5. IT部門: 1人

    • システムのセキュリティ、情報管理、内部統制に関わるITシステムの整備などを担当します。
  6. IR(Investor Relations)部門: 1人

    • 投資家とのコミュニケーションや情報開示のための戦略策定を担当します。企業価値の向上と株主価値の最大化を目指します。
  7. 業務改善部門: 2人

    • 業務プロセスの改善や内部統制の強化を担当します。また、体制改革に伴う業務フローの見直しやドキュメンテーションも行います。
  8. 企画部門: 1人

    • 社内のプロジェクト全体を見渡して、ビジネスプランの策定、事業戦略の構築等を担当します。



6番の「IR(Investor Relations)部門: 1人」の人選は
どのようにすればいいのか、肝心なポイントを教えてください。
>

IR(Investor Relations)部門の担当者選びにおいては、以下のような要素が重要となります。


  1. 財務知識: IR担当者は企業の財務状況を理解し、それを投資家に説明できる必要があります。会計学や財務管理に関する基本的な知識が必要です。また、財務諸表を読み解き、企業の財務状況を明確に把握できる能力も求められます。

  2. コミュニケーション能力: IR担当者は企業と投資家の間のブリッジ役となります。そのため、投資家からの質問や懸念を適切に対応し、投資家の理解を深めることが求められます。さらに、投資家からのフィードバックを企業内に伝える役割もあります。

  3. 戦略的思考力: IR担当者は、企業のビジョンや戦略を理解し、それを投資家に伝える必要があります。そのためには、戦略的な視点からビジネスを理解する能力が求められます。

  4. 信頼性と誠実性: IR担当者は、投資家との信頼関係を構築し維持することが求められます。そのためには、情報開示に関する法規制やガイドラインを遵守し、公正で透明な情報開示を行う必要があります。

  5. 業界知識: 企業の業界や市場についての深い知識を持つことが望ましいです。これにより、企業の戦略や業績が市場や業界の動向とどのように関連しているかを説明することができます。


これらの要素を踏まえて、経験豊富で信頼性のある人物を選ぶことが重要です。また、具体的なスキルや経験に加えて、企業の文化や価値観に合致した人物を選ぶことも重要です。


 
テーマ ビジネス
タスク 計画立案
タグ #人事・求人募集#プロジェクトマネージメント#経営・事業計画
動作環境の例 OpenAI ChatGPT 3.5~、GPT-4推奨、Google Gemini
投稿・編集日 2023/07/09・2023/07/09
提案者 まめたろう
出典・参考 なし
留意事項 他の「プロンプト集」へ収載する場合は、出典として本サイトのURLを明示してください



お気に入り機能は登録不要で使えます
※このブラウザ内にのみ保存されます



ご提案を受付ています

サイトの拡充・改善に取り組んでいます。
感想やリクエストなどお気軽にどうぞ
ご提案フォームを開く