ChatGPTとは
使い方のガイド
文例・例文のサンプル
ChatGPTについて教えて
始め方(はじめかた)、書き方
プロンプトのテンプレート

AIへの会話指示文/プロンプト

image

ソフトウェアを最も少ない努力で習得する

10     3438   𝕏 シェア


基本的な使い方

独学でソフトウェアをマスターしたい時、
書籍やセミナーだと、自分にとって余計な内容もあって大変。

目的がすでにあるなら、そこから逆算して、
努力を最小限に、最短ルートで学びたいですよね。

必要な知識と重要な基礎のみを組み合わせて、
ChatGPTがあなた専用の最速プランを考えてくれます。

以下のプロンプトの 緑色の部分を あなたの内容に
差し替えてお使いいただけます。



こんにちは、ChatGPT!
以下のソフトウェアを、以下の目的や条件で
効果的にマスターするため、何を学ぶべきかがわかるように、
最適な学習プランを教えてください。
ただし、最初の復習ステップは不要です。
また、教材についてもすでに身近にありますので、言及は不要です。


【マスターしたいソフトウェア名】
▼★
・Adobe Premiere★▲

【現在のレベル】
▼★
・まったくの初心者
・画像のペイントソフトは使ったことがある★▲

【目指すレベル】
▼★
・最低限のスキルで、そこそこの動画を公開したい
・テロップを入れたい★▲

【学ぶ目的】
▼★
・落語を面白くアレンジした、動画をYoutubeで公開したい★▲

【学ぶ期間と時間数】
▼★
・1ヶ月ぐらいで、週に4時間ほど★▲

#出力制約
No repeat, no remarks, only results, in Japanese
>

Adobe Premiereを効果的にマスターするための学習プランを以下に示します。


基礎学習(1週目 - 2週目)

  • 時間配分: 週に4時間、合計8時間
  • 内容:
    • Premiereの基本的なインターフェース理解: ツールバー、タイムライン、プロジェクトパネルの使い方を学ぶ。
    • 基本的な編集技術の習得: クリップのカット、トリム、シーケンスへの配置方法を練習する。
    • オンラインチュートリアル: Adobeの公式チュートリアルやYouTubeの基本的な使い方ガイドを視聴する。

応用学習(3週目)

  • 時間配分: 週に4時間
  • 内容:
    • トランジションとエフェクトの使用法の習得: さまざまなトランジションやエフェクトを練習して、動画に動きをつける方法を学ぶ。
    • テロップの追加: テキストツールを使って動画にテロップを入れる方法を学ぶ。

実践と応用(4週目)

  • 時間配分: 週に4時間
  • 内容:
    • 実際のプロジェクトの編集: 落語をアレンジした動画の編集に挑戦する。
    • フィードバックの収集: 友人やオンラインコミュニティからフィードバックを得て、改善点を見つける。

追加のヒント:

  • 定期的な練習: 毎日少しでもいいので、Premiereを触ることで操作に慣れる。
  • クリエイティブな試み: 自分の好きな動画を参考にして、新しい編集技法に挑戦する。
  • コミュニティとの交流: オンラインフォーラムやSNSでPremiereユーザーと交流し、アドバイスを求める。

このプランに従って学習を進めることで、1ヶ月の間にAdobe Premiereを使って動画を編集し、YouTubeにアップロードする基本スキルを身につけることができるでしょう。



出てくるのは、大項目になります。
興味がある部分の詳しいカリキュラムは
下記のように指示してさらに展開していきます。


Premiereの基本的なインターフェース理解、
をブレークダウンしてください
>

「Premiereの基本的なインターフェース理解」のためのブレークダウンを以下のように行います。


1. ワークスペースの理解

  • ワークスペースの概要: Premiereのデフォルトワークスペースのレイアウトを理解する。
  • パネルのカスタマイズ: 個々のパネルを自分の作業スタイルに合わせて調整する方法を学ぶ。

2. 主要なパネルの機能

  • プロジェクトパネル: インポートしたメディアファイルが表示される場所。クリップの整理やプレビューを行う。
  • ソースモニター: 選択したクリップを個別にプレビューし、インポイントとアウトポイントを設定する。
  • プログラムモニター: 現在のシーケンスの編集状態を表示する。完成したビデオのプレビューができる。
  • タイムライン: ビデオとオーディオトラックを配置し、編集を行うメインのエリア。

3. ツールバーの使い方

  • 選択ツール: クリップの選択や移動に使用。
  • リップル編集ツール: クリップの長さを変更しながら、他のクリップに影響を与えずに編集する。
  • レーザーツール: クリップをカットする。
  • テキストツール: テキストオブジェクトの作成。

4. メニューとオプションの理解

  • ファイルメニュー: 新規プロジェクトの作成、インポート、エクスポートなど。
  • 編集メニュー: プリファレンス設定、キーボードショートカットのカスタマイズなど。
  • エフェクト: ビデオエフェクトやトランジションの適用。

5. 練習

  • インターフェースの操作練習: すべてのパネルとツールを使って、簡単な編集を試みる。
  • チュートリアル動画の活用: 実際の操作を動画で確認し、理解を深める。

インターフェースの基本的な理解を深めた後、より複雑な編集技術へと進むことができます。




不明な点は、さらにブレークダウンもできますし、
AIに尋ねることもできます。


リップル編集ツール、
について詳しく解説してください
>

Adobe Premiere Proのリップル編集ツール(Ripple Edit Tool)は、動画編集プロセスを効率化するための非常に便利なツールです。このツールは、特定のクリップの長さを変更する際に、自動的にタイムライン上の隣接するクリップを調整して、ギャップやオーバーラップを防ぎます。


リップル編集ツールの基本

  • アイコンとショートカット: リップル編集ツールのアイコンは一般的に二重線が描かれた矢印で表され、ショートカットキーは「B」です。
  • 機能: クリップの開始点または終了点をドラッグして長さを調整すると、隣接するクリップが自動的に前後に移動します。これにより、手動でのギャップの修正やクリップの再配置が不要になります。

リップル編集ツールの使用方法

  1. ツールの選択: ツールバーからリップル編集ツールを選択するか、ショートカット「B」を使用します。
  2. クリップの端を調整: タイムライン上の編集したいクリップの端を選択し、マウスでドラッグして長さを調整します。
  3. 自動調整の確認: クリップの長さを変更すると、隣接するクリップが自動的に移動し、ギャップやオーバーラップが解消されます。

リップル編集ツールの利点

  • 時間節約: 手動でのギャップ修正やクリップの再配置が不要になるため、編集プロセスが迅速になります。
  • 編集の流れの維持: クリップの長さを変更しても、タイムライン上の他のクリップに影響を与えずに済むため、編集の流れがスムーズに保たれます。
  • 精度の向上: 微妙な長さの調整が簡単になり、より精密な編集が可能になります。

注意点

  • 影響範囲: リップル編集は隣接するクリップにのみ影響を与えるため、タイムライン上の他の部分には影響しません。
  • 複数トラックの調整: リップル編集は選択したトラックのみに作用するため、複数のトラックを同時に調整したい場合は、適切なトラックを選択する必要があります。

リップル編集ツールを使いこなすことで、動画編集の効率と精度を大きく向上させることができます。



ここまで細かい項目にできると、実際は、
Web検索や動画サイトなどで、キーワード検索を使って
ピンポイントで学ぶことができます。

画像や動画付きになると思うのでそのほうが効率的です。
うまく組み合わせてくださいね。
 

他のバリエーション

ビジネス用ソフトウェアでも使えます。
ただし、利用者が多い有名なソフトに限られます。



こんにちは、ChatGPT!
以下のソフトウェアを、以下の目的や条件で
効果的にマスターするため、何を学ぶべきかがわかるように、
最適な学習プランを教えてください。
ただし、最初の復習ステップは不要です。
また、教材についてもすでに身近にありますので、言及は不要です。


【マスターしたいソフトウェア名】
▼★
・Microsoft Excel★▲

【現在のレベル】
▼★
・SUM関数が使える。
・絶対参照と相対参照がわかる。★▲

【目指すレベル】
▼★
・ピボットテーブル
・行の絞り込み(フィルタ)を関数を使って行いたい★▲

【学ぶ目的】
▼★
・アンケートデータを集計してグラフ化したい★▲

【学ぶ期間と時間数】
▼★
・1ヶ月ぐらいで、平日に30分ほど★▲

#出力制約
No repeat, no remarks, only results, in Japanese
>

Excelのスキルを向上させ、ピボットテーブルの作成と行の絞り込みをマスターするための学習プランをお教えします。ご指定の1ヶ月間、平日毎に30分を使って学ぶことを前提にしています。


週1:ピボットテーブルの基本

  • 目標: ピボットテーブルの作成と基本的な操作を理解する。
  • 活動:
    • ピボットテーブルの作成方法を学ぶ。
    • データの並べ替えと集計方法を練習する。

週2:ピボットテーブルでのデータ分析

  • 目標: ピボットテーブルを使用してデータを分析する方法を学ぶ。
  • 活動:
    • フィールドを追加/削除し、データをより詳細に分析する方法を練習する。
    • ピボットテーブルのフィルタリングと並べ替えを行う。

週3:高度なピボットテーブル機能

  • 目標: グループ化、計算フィールド、計算アイテムなどの高度な機能を学ぶ。
  • 活動:
    • ピボットテーブルでのデータのグループ化方法を学ぶ。
    • 計算フィールドを使用して新しいデータポイントを作成する。

週4:Excel関数を使った行の絞り込み

  • 目標: 関数を使用してデータをフィルタリングする方法を学ぶ。
  • 活動:
    • VLOOKUP, INDEX, MATCH などの関数を使用してデータを絞り込む方法を学ぶ。
    • 条件付き書式を用いたデータの視覚化を練習する。

週5:実践的なアンケートデータの分析

  • 目標: アンケートデータを使って、これまでに学んだスキルを実践する。
  • 活動:
    • アンケートデータを用いて、ピボットテーブルとフィルタ関数を組み合わせた分析を行う。
    • 分析結果をグラフにして表現する方法を学ぶ。

最終週:総復習と応用

  • 目標: これまでに学んだ内容を復習し、より複雑なデータ分析に挑戦する。
  • 活動:
    • さまざまな種類のデータを用いて、総合的な分析を試みる。
    • 学んだ技術を組み合わせて、新しい分析方法を試す。

このプランは、基本から応用まで段階的にスキルを伸ばすことを目指しています。毎週の学習目標を達成することで、1ヶ月後にはExcelでのアンケートデータの分析とグラフ化に必要なスキルが身につくでしょう。



さらに詳細化します。


週4:Excel関数を使った行の絞り込み
をもっと幅広く詳細にブレークダウンしてください
>


※ 会話が長くなると、最初のほうの条件や内容を忘れてしまう場合があります。
そのため、引き続き次のセクションの詳細を書いてもらいたいときは、
上記のプロンプトを「編集して」「再送信する」のがおすすめです。
詳細は こちら で解説しています。


週4の「Excel関数を使った行の絞り込み」の学習内容をより詳細にブレークダウンします。この週では、Excelの様々な関数を活用してデータを効果的に絞り込む方法を学びます。以下のステップに分けて取り組んでみてください。


週4の学習ブレークダウン


月曜日: 基本的な関数の復習と応用

  • 目標: 基本的なExcel関数の理解を深める。
  • 活動:
    • IF, AND, OR のような基本的な条件関数の復習。
    • シンプルな条件に基づいたデータの絞り込みを行う。

火曜日: VLOOKUP 関数の習得

  • 目標: VLOOKUP 関数を使用して、特定の基準に基づいてデータを検索する。
  • 活動:
    • VLOOKUP の基本構文と使い方を学ぶ。
    • 複数のシートにまたがるデータの検索を試みる。

水曜日: INDEXMATCH 関数の組み合わせ

  • 目標: INDEXMATCH 関数を組み合わせて、より柔軟な検索を実現する。
  • 活動:
    • INDEXMATCH 関数のそれぞれの機能と組み合わせ方を理解する。
    • 複雑な検索条件を用いてデータを絞り込む練習をする。

木曜日: 条件付き書式の利用

  • 目標: 条件付き書式を使用して、特定の基準を満たすデータを視覚的に際立たせる。
  • 活動:
    • 条件付き書式の設定方法を学ぶ。
    • 特定の条件(例えば、特定の値以上、または以下のデータ)を満たすセルをハイライトする。

金曜日: 実践的なデータフィルタリング

  • 目標: 実際のデータセットを使用して、学んだ関数と技術を応用する。
  • 活動:
    • 実際のデータセット(例えば、アンケートデータや売上データ)を用いて、複数の関数を組み合わせた絞り込みを行う。
    • 様々な条件を設定し、目的に合った情報を抽出する。

この週の学習では、Excelの関数を深く理解し、実際のデータに対して柔軟な絞り込みと分析ができるようになることを目指します。実践を通じて、理論と応用のバランスを取りながらスキルを身に付けていきましょう。




質問もできます。


INDEX と MATCH 関数の組み合わせたユースケースと、
その大まかな関数の記述を例示してください。
>


:
:
 
テーマ 家電・パソコンデザイン・Web制作技術・プログラミング
タスク 計画立案説明
タグ #アドバイス#ソフトの使い方#トレーニング#パソコン#副業#エクセル
動作環境の例 OpenAI ChatGPT 3.5~、Google Gemini
投稿・編集日 2023/12/26・2023/12/26
提案者 まめたろう
出典・参考 なし
留意事項 他の「プロンプト集」へ収載する場合は、出典として本サイトのURLを明示してください



お気に入り機能は登録不要で使えます
※このブラウザ内にのみ保存されます



ご提案を受付ています

サイトの拡充・改善に取り組んでいます。
感想やリクエストなどお気軽にどうぞ
ご提案フォームを開く