ChatGPTとは
使い方のガイド
文例・例文のサンプル
ChatGPTについて教えて
始め方(はじめかた)、書き方
プロンプトのテンプレート

AIへの会話指示文/プロンプト

image

DXの推進を総合的にサポートしてもらう

13     2520   𝕏 シェア


基本的な使い方

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、
幅広い概念であるため、とっかかりにくいものです。

AIを使った対話型のアプローチを使うと、
まるでコンサルティングを受けているかのように
指摘やアドバイスがもらえます。



ぼんやりしていたDXが、具体的なアクションへと近づきます。

①社内業務の見直しや、②事業の新しい展開を考えるときに役立ちますので、プロンプトの中の 緑色文字の部分 をご自分の内容に差し替えながらお使いください。



① 社内業務の見直しを行う例です

まずは、何に取り組むかから考えます。
もし、テーマが決まっていれば このステップは飛ばせます。


以下の事業や職務について
DXを推進したい。
以降、DX化のためにステップバイステップで
思考を深めます。

まず、「テーマ」となる領域を
発見する手がかりとなるように、
考慮や自省をするとよいポイントを網羅して、
イメージが湧くように、例を添えながら、
重要なものから順に親切に多く示唆してください。
ただし、注釈や説明や繰り返しは不要です。
絶対に結果のみを出力してください。

【事業や職務】
"""▼★
・保険会社の人事部門です★▲
"""
>

DX(デジタルトランスフォーメーション)を保険会社の人事部門で推進するために、重要な考慮点を順に示します。


  1. データ管理と分析の強化:

    • 例:従業員のパフォーマンスデータを活用して、トレーニングニーズを特定。
  2. デジタルリクルーティングの導入:

    • 例:AIを活用した履歴書のスクリーニングシステムの採用。
  3. 従業員エンゲージメントのデジタル化:

    • 例:モバイルアプリを通じた従業員のフィードバック収集。
  4. オンボーディングプロセスの自動化:

    • 例:新入社員向けのオンラインオリエンテーションプログラム。
  5. パフォーマンス管理システムのデジタル化:

    • 例:オンラインでの目標設定と評価プロセス。
  6. リモートワークのサポート強化:

    • 例:クラウドベースの協働ツールの導入。
  7. 従業員トレーニングのデジタル化:

    • 例:Eラーニングプラットフォームを使用したスキルアップ。
  8. 労働法規とコンプライアンスのデジタル管理:

    • 例:労働法規遵守のためのデジタルチェックリスト。


これらのAIからの示唆を手がかりに、
人間が「テーマを選定」します。

選定ができたら次に、
その内容(「テーマ」)を プロンプトの前半に含めつつ
後半で、「目標」の設定案を尋ねます。


対象となる「テーマ」を
以下のように選定しました。

"""▼★
新卒の採用プロセスを改善したいと考えました。
履歴書をデジタル化し、自動スクリーニングなどで
第1次の選考作業を効率化したい★▲
"""

それでは次に、この「テーマ」に基づいて、
定めるべき「目標」として
具体的な指標を設定するために
決めるべき点を親切に網羅して、
例を添えながら、
重要なものから順に多く示唆してください。
>

新卒採用プロセスの改善における具体的な目標設定に必要なポイントを以下に示します。


  1. スクリーニング時間の短縮:

    • 目標例:履歴書の自動スクリーニングにより、スクリーニングにかかる時間を50%削減する。
  2. 応募者の質の向上:

    • 目標例:スキルや経験に基づくスクリーニング基準を設定し、上位20%の候補者を選出する。
  3. 採用プロセスの透明性向上:

    • 目標例:候補者に対するフィードバックの時間を最大48時間以内にする。
  4. 候補者のエンゲージメント向上:

    • 目標例:デジタル化した採用プロセスにより、応募者満足度を80%以上にする。
  5. 採用コストの削減:

    • 目標例:デジタルスクリーニングにより、採用コストを30%削減する。
  6. 応募者の多様性の確保:

    • 目標例:異なる学歴や背景を持つ候補者を最低20%以上採用する。
  7. 採用プロセスのフィードバックループの確立:

    • 目標例:年に2回、採用プロセスのレビューを行い、改善点を特定する。


示唆された「目標」の例をもとに、人間が「目標」を決定します。

その決定内容(「目標」)を前半に書きつつ、
後半で 「戦略」の案を尋ねます。


「目標」について、
以下のように設定しました。

"""▼★
1ヶ月かかっている書類選考を、3日程度に短縮したい。
スクリーニング作業を効率化するが、
優秀な人物を見落とすことがないようにしたい。
採用関連コストは半減させたい。
採用プロセスデータを分析し、将来の採用戦略の改善に役立てる。★▲
"""

それでは、この「目標」を実現するため、
次に、「戦略」を策定するときに、
考慮して議論するべき手がかりを網羅して、
親切に、例示を添えながら、
重要なものから順に多く示唆してください。
>

指定された「目標」を達成するための「戦略」策定における重要なポイントを以下に示します


  1. 先進的なスクリーニングツールの導入:

    • 考慮点:AIによる履歴書スクリーニングシステムの選定。
    • 例:特定のキーワードやスキルに基づいて履歴書を自動評価するシステム。
  2. 質の高い候補者を見逃さないためのフィルタリング基準の設定:

    • 考慮点:適切なスキルセット、経験、教育背景の基準を明確にする。
    • 例:特定の大学や専攻、インターンシップ経験を重視する基準。
  3. コスト削減のためのプロセスの効率化:

    • 考慮点:無駄なステップを削除し、デジタルツールを活用。
    • 例:紙ベースの書類を廃止し、オンラインフォームに移行。
  4. データ駆動型の採用戦略の実施:

    • 考慮点:収集したデータを分析し、戦略の改善に役立てる。
    • 例:過去の採用データを分析して、成功した採用の傾向を特定。
  5. 候補者体験の向上:

    • 考慮点:応募者とのコミュニケーションをスムーズにし、良好な印象を与える。
    • 例:迅速なフィードバックと明確なプロセス説明。
  6. 継続的なプロセスのモニタリングと改善:

    • 考慮点:定期的なレビューを行い、必要に応じて調整を加える。
    • 例:毎四半期ごとに採用プロセスの評価とフィードバックの収集。


AIの示唆を参考に、人間が「戦略」を決定したら、
最後に、アクションプランを立てましょう。


ありがとうございます。
「戦略」を以下のように
策定しました。

"""▼★
応募者データをデジタル化して一元化。
非定型な情報も数値化する。
書類選考のスクリーニングはエクセルで行う。
その際に、AIの専門家の意見を仰ぐ。
計算ロジックは過去の選考成果と比較検証しながら、
VBAで実装してもらう。
アルゴリズムは年々改善をしていく。★▲
"""

それでは、最後に、
この「戦略」を洞察しながら
実行プロセスを組み立てます。

広い視点から詳細に至るまで、
必要となるタスクをタイムラインに落とし込みながら
網羅してください。
>

指定された「戦略」に基づく実行プロセスの組み立てを行います。ここでは、タスクを段階的に分け、タイムラインに沿って整理します。


初期フェーズ(1-2ヶ月)

  1. データ構造の設計:

    • 応募者データのデジタル化フォーマットを決定。
    • 非定型データを数値化するための基準策定。
  2. データ収集システムの構築:

    • 応募フォームやデータベースの開発。
    • データ一元化のためのシステム導入。
  3. AI専門家との初期ミーティング:

    • 現在の採用プロセスのレビュー。
    • AI専門家の意見を基にスクリーニング基準の草案作成。

中間フェーズ(3-4ヶ月)

  1. スクリーニングロジックの開発:

    • ExcelとVBAを用いた初期アルゴリズムの設計。
    • 過去の選考データと比較検証。
  2. アルゴリズムのテストと改善:

    • モックデータを用いたアルゴリズムのテスト。
    • フィードバックに基づくアルゴリズムの調整。

後期フェーズ(5-6ヶ月)

  1. スタッフトレーニング:

    • 新システムとプロセスに関するスタッフのトレーニング。
    • 調整が必要な点の特定とフィードバック収集。
  2. 実際の応募データによるアルゴリズムの運用:

    • 実応募者データを使用したアルゴリズムの本運用開始。
    • 結果のモニタリングと必要に応じた微調整。

継続的改善フェーズ(7ヶ月以降)

  1. 定期的なレビューとアップデート:

    • 定期的な採用結果の分析とアルゴリズムの改善。
    • AI専門家との継続的なコンサルテーション。
  2. 長期的なデータ分析:

    • 採用データの長期的な分析と戦略の調整。
    • 採用戦略の将来的な改善計画の策定。


ついでに、アドバイスや提案ももらいましょう。


ここまでの内容を精査して、
本件のリスクを予防しつつリターンを最大化するために
大切で肝心なのに、意外と見落としがちなポイントを、
多数、整理して挙げてください。
さらに、効果的に核心を捉えたような
根本的かつ重要なアイデアを提案してください。
例えば、追加のアイデアや取り組み、有効なツールやプロセスなどです。
>

本件のリスクを予防し、リターンを最大化するために重要ながら見落としがちなポイントを整理し、さらに根本的かつ重要なアイデアを提案します。


見落としがちなポイント

  1. 人間とAIのバランス:

    • AIのスクリーニングに頼りすぎると、優秀な候補者が見落とされるリスクがある。人間の直感とAIの判断をバランスよく組み合わせる。
  2. プライバシーとセキュリティ:

    • 個人情報を扱うため、データの保護とプライバシー規制への遵守が不可欠。
  3. 候補者体験:

    • デジタル化が進む中、候補者に冷たい印象を与えないようにする。ヒューマンタッチを忘れない。
  4. アルゴリズムの偏り:

    • 使用するアルゴリズムに偏見がないか定期的にチェックする。
  5. スタッフのトレーニングとサポート:

    • 新システムへの適応には十分なトレーニングとサポートが必要。

根本的かつ重要なアイデア

  1. 候補者エンゲージメントツールの導入:

    • AIチャットボットや対話型プラットフォームを使用し、候補者とのコミュニケーションを活発化させる。候補者の質問にリアルタイムで応答し、プロセスの透明性を高める。
  2. 多角的なデータ分析:

    • 応募者の履歴書だけでなく、ソーシャルメディアやオンラインポートフォリオなどからもデータを収集し、より包括的な候補者プロフィールの作成を目指す。
  3. リアルタイムフィードバックシステム:

    • 採用プロセス中に候補者からフィードバックを収集し、継続的にプロセスを改善する。
  4. AI倫理委員会の設立:

    • AIの使用に関する倫理的な問題を監督するための内部委員会を設立。偏見や不公平を防ぐためのガイドラインを策定。
  5. 予測分析の活用:

    • 過去のデータから未来の採用傾向を予測し、より効果的な採用戦略を立てる。


 

他のバリエーション

 
② 事業で新しい展開を考える場合の例です。

プロンプトの中の 緑色文字の部分 をご自分の内容に差し替えながらお使いください。
おおむね 経営者や事業主の立場にたつと事業アイデアを考える流れになります。



以下の事業や職務について
DXを推進したい。
以降、DX化のためにステップバイステップで
思考を深めます。

まず、「テーマ」となる領域を
発見する手がかりとなるように、
考慮や自省をするとよいポイントを網羅して、
イメージが湧くように、例を添えながら、
重要なものから順に親切に多く示唆してください。
ただし、注釈や説明や繰り返しは不要です。
絶対に結果のみを出力してください。

【事業や職務】
"""▼★
・京都市の郊外にある和菓子店の店長です★▲
"""
>

DXを推進するためには、まず「テーマ」となる領域を特定することが重要です。京都市郊外の和菓子店の店長という事業におけるDX化のポイントを挙げていきます。


  1. オンライン販売プラットフォームの開発

    • 例:自社ウェブサイトやECプラットフォーム(楽天市場、Amazonなど)での和菓子販売。
  2. ソーシャルメディアマーケティングの強化

    • 例:InstagramやFacebookでの商品紹介、季節ごとのキャンペーン展開。
  3. デジタル在庫管理システムの導入

    • 例:リアルタイム在庫管理、需要予測に基づく材料の自動発注。
  4. 顧客管理システム(CRM)の導入

    • 例:顧客の購買履歴や好みをデータベース化し、パーソナライズされたメールマーケティング。
  5. 非接触型決済システムの導入

    • 例:クレジットカード、電子マネー、QRコード決済など。
  6. オンライン予約・注文システムの開発

    • 例:特別なイベントや季節商品のオンライン予約システム。
  7. ビッグデータ分析の活用

    • 例:販売データからの消費者行動の分析、製品改善へのフィードバック。
  8. ロボティクスや自動化技術の導入

    • 例:生産工程の一部を自動化し、効率化。


まず、これらのAIからの示唆を手がかりに、
人間が「テーマを選定」します。

選定ができたら、
その内容(「テーマ」)を プロンプトの前半に含めつつ
後半で、「目標」の設定案を尋ねます。


対象となる「テーマ」を
以下のように選定しました。

"""▼★
店舗以外にオンライン販売や配達サービスをしていないので、
これをテーマにしたい。
既存のショップシステムとして楽天市場を利用したい。★▲
"""

それでは次に、この「テーマ」に基づいて、
定めるべき「目標」として
具体的な指標を設定するために
決めるべき点を親切に網羅して、
例を添えながら、
重要なものから順に多く示唆してください。
>

オンライン販売と配達サービスの展開、特に楽天市場を利用した和菓子店の事業拡大をテーマに定めた場合、次に定めるべき「目標」として重要度の高いものから順にいくつかの提案を挙げます。


  1. オンライン販売チャンネルの立ち上げ

    • 目標:3ヶ月以内に楽天市場での店舗ページを開設。
    • 例:ウェブデザイナーや写真家を雇用し、商品の魅力を伝える店舗ページの作成。
  2. 初期販売目標の設定

    • 目標:開設後6ヶ月以内に月間100件のオーダー達成。
    • 例:マーケティングキャンペーンを通じてブランド認知度を高める。
  3. 顧客満足度の評価と改善

    • 目標:顧客からのレビュースコアを平均4.5以上に維持。
    • 例:顧客フィードバックを収集し、商品やサービスの質の改善に反映。
  4. 配送システムの効率化

    • 目標:注文から配送までの平均時間を48時間以内に短縮。
    • 例:信頼性の高い配送業者と契約し、配送プロセスを最適化。
  5. 商品ラインナップの拡大と更新

    • 目標:1年以内にオンライン限定商品を5種類以上開発。
    • 例:季節ごとの限定商品やイベント関連商品の企画。
  6. デジタルマーケティングの強化

    • 目標:ソーシャルメディアでのフォロワー数を6ヶ月で1000人以上に増加。
    • 例:インフルエンサーとのコラボレーション、定期的なコンテンツ投稿。
  7. 販売データの分析と戦略的計画

    • 目標:売上データを分析し、最も人気のある商品の販売を2倍に増加。
    • 例:販売トレンドの分析を基に、在庫管理と販促活動の最適化。


示唆された「目標」の例をもとに
人間が「目標」を決定します。

その内容(「目標」)を前半に含めて、
後半で 「戦略」の案を尋ねます。


「目標」について、
以下のように設定しました。

"""▼★
半年以内にオンライン販売を開始して、
2年以内に売上の30%をオンライン経由にしたい。
配達エリアは日本全国。配送は2日以内。
レビューは4以上を保つ。
競合は多いが当店オリジナル商品で勝負する。
SNSを用意して、季節ごとの商品を紹介する。★▲
"""

それでは、この「目標」を実現するため、
次に、「戦略」を策定するときに、
考慮して議論するべき手がかりを網羅して、
親切に、例示を添えながら、
重要なものから順に多く示唆してください。
>

指定された「目標」を実現するための「戦略」を策定する際に考慮すべきポイントを、重要なものから順に挙げていきます。


  1. オンラインストアの開設と最適化

    • 戦略:ユーザーフレンドリーなウェブサイトの設計と楽天市場での店舗ページの最適化。
    • 例:使いやすいインターフェース、高品質な商品写真、詳細な商品説明。
  2. 独自性のある商品開発

    • 戦略:地元京都の素材や伝統を生かしたオリジナル商品の開発。
    • 例:季節限定の和菓子、地域限定の原材料を使った商品。
  3. 効果的なデジタルマーケティング

    • 戦略:SNSを活用したブランディングとマーケティングキャンペーンの展開。
    • 例:InstagramやTwitterでの商品紹介、インフルエンサーとのコラボレーション。
  4. 高速配送システムの構築

    • 戦略:効率的な物流ネットワークの確立。
    • 例:信頼できる配送業者との提携、配送プロセスの自動化。
  5. 顧客サービスとエンゲージメントの強化

    • 戦略:顧客満足度を高めるためのサポートと相互作用。
    • 例:迅速な顧客サポート、購入後のフォローアップ、レビューへの返信。
  6. データ駆動型意思決定

    • 戦略:売上データ、顧客行動、市場トレンドの分析。
    • 例:売れ筋商品の分析、マーケティング戦略の調整。
  7. 持続可能な成長戦略

    • 戦略:長期的な事業成長に向けた計画の策定。
    • 例:新商品の定期的な導入、季節ごとのプロモーション計画。


AIの示唆を参考に、人間が「戦略」を決定したら、
次は、アクションプランを立ててもらいます。


ありがとうございます。
「戦略」を以下のように
策定しました。

"""▼★
和菓子の写真はプロに依頼する。
配送は、佐川急便にお願いして全国展開。
問い合わせのメールは店長のスマホにも届くようにする。
既存店舗の人気商品から順にオンライン販売に乗せる。
人気の傾向をみながら、オンライン独自商品も準備する。
店舗はSEOとPRは楽天のものを利用し、プロモーションに20万円を使う。★▲
"""

それでは、最後に、
この「戦略」を洞察しながら
実行プロセスを組み立てます。

広い視点から詳細に至るまで、
必要となるタスクをタイムラインに落とし込みながら
網羅してください。
>

策定された「戦略」に基づいてタイムライン形式で必要なタスクを網羅して示します。


短期(開始から3ヶ月)


  1. プロ写真家との契約

    • タスク:商品撮影のためのプロ写真家を選定し、契約を締結。
    • 目標期限:開始後1週間以内。
  2. 佐川急便との配送契約

    • タスク:佐川急便との配送契約を締結し、配送プロセスを確立。
    • 目標期限:開始後2週間以内。
  3. 問い合わせシステムの設定

    • タスク:店長のスマホにメールが届くようにシステムを設定。
    • 目標期限:開始後1ヶ月以内。
  4. オンラインストアの設計と開設

    • タスク:ウェブデザイナーと協力し、オンラインストアを設計・開設。
    • 目標期限:開始後2ヶ月以内。

中期(3ヶ月から1年)


  1. 人気商品のオンライン販売開始

    • タスク:既存の人気商品をオンラインストアに登録し、販売開始。
    • 目標期限:開始後3ヶ月以内。
  2. オンライン独自商品の開発と販売

    • タスク:オンライン限定商品の企画・開発・販売。
    • 目標期限:開始後6ヶ月以内。
  3. SEOとPR活動

    • タスク:楽天市場のSEOとPRサービスを利用し、20万円の予算でプロモーション。
    • 目標期限:開始後6ヶ月以内。

長期(1年から2年)


  1. 売上と市場動向の分析

    • タスク:オンライン販売の売上データと市場動向を定期的に分析。
    • 継続的なタスク。
  2. 商品ラインナップの更新と拡張

    • タスク:人気の傾向を分析し、商品ラインナップを更新・拡張。
    • 継続的なタスク。
  3. 顧客満足度の評価と改善

    • タスク:顧客レビューを監視し、フィードバックに基づいてサービス改善。
    • 継続的なタスク。


ついでに アドバイスや提案を尋ねてみます。


ここまでの内容を精査して、
本件のリスクを予防しつつリターンを最大化するために
大切で肝心なのに、意外と見落としがちなポイントを、
多数、整理して挙げてください。
さらに、効果的に核心を捉えたような
根本的かつ重要なアイデアを提案してください。
例えば、追加のアイデアや取り組み、有効なツールやプロセスなどです。
>

見落としがちなポイント


  1. 顧客データのセキュリティ

    • オンライン取引では顧客情報のセキュリティが非常に重要です。データ漏洩や不正アクセスのリスクを最小限に抑えるための対策が必要です。
  2. 在庫管理の最適化

    • オンラインと店舗での在庫を効率的に管理するシステムの必要性。過剰在庫や品切れを避けるための精度の高い在庫管理が求められます。
  3. 品質維持と配送時の品質管理

    • 和菓子は鮮度が重要です。配送過程での品質維持、特に夏場や暑い地域への配送時の品質管理が重要です。
  4. 市場動向と競合分析

    • 継続的な市場調査と競合他社の動向分析。流行りの商品や新しい販売戦略への適応が求められます。
  5. 法規制と税制の理解

    • オンライン販売に関わる法規制、特に消費税や輸出入規制に関する知識が必要です。

根本的かつ重要なアイデア


  1. 顧客ロイヤルティプログラムの導入

    • リピート顧客を増やすために、ポイント制度や割引クーポン、限定商品の提供などのロイヤルティプログラムを導入します。
  2. AIによる顧客行動分析ツールの活用

    • 購入履歴や顧客の行動データからAIを用いて分析し、パーソナライズされた商品推薦やマーケティング戦略を展開します。
  3. サブスクリプションモデルの採用

    • 定期購入サービスの導入により、顧客との長期的な関係構築と安定した収益源の確保を目指します。
  4. エコ包装材の採用とサステナビリティの強化

    • 環境に配慮した包装材の採用で、エコ意識の高い顧客層を取り込むとともに、企業としての社会的責任を果たします。
  5. パートナーシップとコラボレーション

    • 地元の企業や他の食品メーカーとのコラボレーションにより、新しい顧客層を開拓し、ブランド認知度を高めます。


 
テーマ ビジネス
タスク アイデア・ブレスト指摘
タグ #アドバイス#経営・事業計画#プロジェクトマネジメント#人事・求人募集
動作環境の例 OpenAI ChatGPT 3.5~、Google Gemini、Bing(厳密モード)
投稿・編集日 2024/01/15・2024/01/17
提案者 まめたろう、t@ka
出典・参考 なし
留意事項 他の「プロンプト集」へ収載する場合は、出典として本サイトのURLを明示してください



お気に入り機能は登録不要で使えます
※このブラウザ内にのみ保存されます



ご提案を受付ています

サイトの拡充・改善に取り組んでいます。
感想やリクエストなどお気軽にどうぞ
ご提案フォームを開く