ChatGPTとは
使い方のガイド
文例・例文のサンプル
ChatGPTについて教えて
始め方(はじめかた)、書き方
プロンプトのテンプレート

AIへの会話指示文/プロンプト

image

先行事例を調査してもらい、成功へのヒントをみつける

8     915   𝕏 シェア


基本的な使い方

既にある事例を探すことで、その成功や失敗から新たなアイデアを得たり、リスクを軽減したりできます。しかし、Web検索で「先行事例」を探そうと思っても、適切なキーワードを選ぶのが難しい時があります。

AIを利用すれば、迅速に情報を収集できます。
ただし、事例が実在するかどうかは、一応確認が必要になります。

信頼性のある事例が出てきたら、さらに深堀りもできます。
成功へのヒントや避けるべき落とし穴を教えてくれます。



【取り組みの内容】▼★
シャッター街になっている市の中心街を活性化したい★▲

【取り組みの詳細】▼★
・対象: 地方の都市で人口5万人、駅の北口の商店街
・立場: 私は商店街の組合長です
・目的: お客さんを郊外の大型モールから取り戻したい★▲
---
ステップ・バイ・ステップで考えてください。
まず、上記のような取り組みに類似している
必ず実在する具体的な先行事例を探索しながら
その中でも肝心で主要なものを数個ピックアップしてください。
続けて、各事例ごとの背景や、特に注目すべき点を深く掘り下げながら、
日本語で箇条書きに整理してください。
>

シャッター街の活性化について、具体的な先行事例を紹介します。以下に挙げる事例は、成功のヒントとなるかもしれません。


高松丸亀町商店街の事例


  • 背景と特徴: 商店街の再開発により、通行量と居住人口を大幅に増加させることに成功。特に、商店街の上層部にマンションを建設し、住民が直接商店街を利用することで、健康・福祉・医療サービスを提供する新たなセールスポイントを作り出した。
  • 注目点: 土地所有権に手をつけずに共同開発を行う「まちづくり会社」の設立が、成功の鍵。商店街に「第三の場所」としての役割を持たせ、地域住民が主体となるビジネスを創出​。

宮崎県日南市の事例


  • 背景と特徴: 地域全体で商店街再生に取り組み、多様なイベントを通じて商店街を「人が集まる場所」へと変えた。例えば、「商店街ボウリング」や「アーケード農園」といったユニークなアイデアが光る。
  • 注目点: 地域での人脈づくりと信頼関係の構築に重点を置き、市民との深いコミュニケーションを通じて意識改革を促した点。市民が主体的に参加することで、商店街の再生が加速​。

油津商店街の事例


  • 背景と特徴: IT企業の誘致や外国人観光客の取り込みに成功し、地元経済を支える外貨を獲得。店舗の経営者が高齢化している問題に対して、店舗が入れ替わりやすい環境を整備し、新しいテナントの迅速な導入を可能にした。
  • 注目点: 地元だけに頼らない、幅広いマーケットへのリーチ。また、健全な商店街として、閉店しやすい環境の構築が挙げられる。過去の成功体験にとらわれず、時代に応じた商店街のデザインを目指した点​。


これらの事例からは、商店街活性化のためには、地元住民の参加と支持を得ること、新しい価値提案やサービスの導入、そして時代や需要に応じた柔軟な経営戦略が成功のカギであることがわかります。特に、地域の特色や資源を生かした独自性のある取り組みが、人々を引きつける重要な要素になっています。



事例が出てきました。
気に入らなければ(または、もっと欲しければ)、回答を再作成させましょう。

今回はこのまま深堀りしてみます。「成功のためのヒント」を聞くプロンプトです。


今挙げた成功事例と、考えうる失敗事例を
あわせて洞察しながら、
取り組みにおける成功の鍵や落とし穴、
そして、ベストなアプローチのための考え方を、
垂直思考を駆使して深く掘り下げつつ、
整理して教えて下さい。
>

商店街の活性化に関する成功事例と考えられる失敗事例を踏まえた上で、成功への鍵、落とし穴、そしてベストなアプローチについて整理してみました。垂直思考を用いて、以下のポイントに注目してください。


成功の鍵


  • 地域住民との連携: 地域住民や商店街の店主との強い連携を築き、信頼関係を構築すること。具体的には、意見交換を積極的に行い、地域全体で商店街の再生を目指す姿勢が重要です​。
  • 多機能空間の導入: 商店街を単なる買い物の場から、居住スペース、健康・福祉・医療サービスが利用できる多機能空間へと進化させること。これにより、日常的に人が訪れる「第三の場所」を創出します​。
  • 新しい顧客層の開拓: 地元だけでなく、外国人観光客やIT企業など、新たな顧客層を商店街に引き込むことで、新しい需要を創出する​。
  • イベントの開催: 商店街独自のイベントを開催し、ユニークな体験を提供することで、人々の訪問動機を創出します。例えば、商店街ボウリングや地元の特産品を祝うイベントなどが挙げられます​。

落とし穴


  • 一時的な施策に頼ること: 家賃補助などの短期的な施策では、一時的には店舗が増えるかもしれませんが、根本的な解決にはならないという点です。
  • 過去の成功モデルの模倣: 過去に成功したモデルをそのまま模倣することは、現在の市場や顧客ニーズと合わない可能性があります。時代や地域の特性に合わせたアプローチが必要です​。

ベストなアプローチのための考え方


  • 地域の資源を生かした独自性の追求: 地域固有の資源や文化を生かし、他では体験できない独自の価値を提供することで、訪れる価値を高めます。
  • 持続可能な運営モデルの構築: 商店街を単なる商業施設ではなく、地域コミュニティの中核として機能させるためには、経済的にも社会的にも持続可能な運営モデルが必要です。
  • 変化への柔軟性: 時代や市場の変化に柔軟に対応し、新しい業態やサービスを取り入れることで、常に魅力的な商店街を維持することが大切です。


 

他のバリエーション

もう一つ、例を用意しました。


【取り組みの内容】▼★
開かずの踏切を解消する★▲

【取り組みの詳細】▼★
・対象: 大都市のベッドタウンにある踏切について
・立場: 地方自治体の交通政策立案者の立場で、
・目的: 住民の長い待ち時間をなくしたい★▲
---
ステップ・バイ・ステップで考えてください。
まず、上記のような取り組みに類似している
必ず実在する具体的な先行事例を探索しながら
その中でも肝心で主要なものを数個ピックアップしてください。
続けて、各事例ごとの背景や、特に注目すべき点を深く掘り下げながら、
日本語で箇条書きに整理してください。
>

開かずの踏切を解消する取り組みは、多方面からのアプローチが必要です。以下は実在する先行事例から学べる肝心で主要な点です:


  1. 踏切の遮断タイミング見直し:

    • 地域: 宮城県名取市
    • 特徴: ピーク時の遮断時間が長い踏切のタイミングを見直し、改善を図った例です。
    • 注目点: 単純な遮断時間の調整でも、交通の流れに大きな影響を与える可能性があります​。

  2. 面的なネットワーク整備:

    • 地域: 宮城県岩沼市
    • 特徴: 開かずの踏切問題を、周辺道路網の整備によって緩和した事例です。
    • 注目点: 周辺の交通ネットワークを整備することで、踏切依存を減らし、交通流を改善します​。

  3. 高架化:

    • 地域: 東京都足立区(東武スカイツリーライン竹ノ塚駅)
    • 特徴: 高架化により、「開かずの踏切」が解消されました。
    • 注目点: 長期的な視点での大規模なインフラ整備が、根本的な解決策になり得ます。ただし、時間とコストがかかるため、計画的な推進が重要です​。

  4. 地下化:

    • 地域: 神奈川県横浜市(相鉄線鶴ヶ峰駅)
    • 特徴: 線路を地下に移設し、開かずの踏切を解消するプロジェクト。2033年の完成を目指しています。
    • 注目点: 地下化は高架化と同様に、長期的な視点での根本解決を目指すアプローチです。地域の風景や環境への影響が少ない一方で、高度な技術と大規模な予算が必要になります​。

これらの事例から、開かずの踏切問題を解消するためには、現地の状況や特性を踏まえた多様な解決策が考えられます。短期的な対策から長期的なインフラ整備まで、地方自治体が取りうるアプローチは幅広く存在します。重要なのは、それぞれの地域の具体的な状況を分析し、最適な対策を選択・実施することです。



深堀りします。


今挙げた成功事例と、考えうる失敗事例を
あわせて洞察しながら、
取り組みにおける成功の鍵や落とし穴、
そして、ベストなアプローチのための考え方を、
垂直思考を駆使して深く掘り下げつつ、
整理して教えて下さい。
>

取り組みにおける成功の鍵や落とし穴、ベストなアプローチのための考え方を深く掘り下げつつ整理するには、以下の点に注意が必要です。



成功の鍵

  1. 地域の実情に基づいた計画:

    • 成功事例では、地域の具体的な状況(交通量、地理的特性、住民のニーズなど)に基づいた対策が施されました。このアプローチは、問題解決の効果を最大化します。
  2. 多様なステークホルダーとの協力:

    • 成功事例では、地方自治体、住民、交通機関、事業者など、多様なステークホルダーが協力しています。これにより、計画の実現可能性が高まり、実施に際しての支持も得られやすくなります。
  3. 長期的視野と段階的実施:

    • 高架化や地下化などの大規模なインフラ整備は、長期的な計画と段階的な実施が鍵を握ります。これにより、計画の柔軟性を保ちつつ、途中での調整が可能になります。


落とし穴

  1. 高額なコスト:

    • 大規模なインフラ整備は、高額な費用が伴います。予算の確保や財源の確保に失敗すると、プロジェクトが中断するリスクがあります。
  2. 長期化する工事期間:

    • 工事期間が長期に及ぶと、その間地域住民や周辺の交通に大きな影響を及ぼす可能性があります。工事による負担や不便を最小限に抑えるための対策が必要です。
  3. 関係者間の意見の相違:

    • 複数のステークホルダーが関わる場合、意見の相違がプロジェクトの遅延や計画の変更を招くことがあります。事前の調整や合意形成が重要です。


ベストなアプローチのための考え方

  • 徹底した事前調査:
    地域の交通状況、地理的特性、住民の意見などを徹底的に調査し、データに基づく意思決定をします。

  • 多角的な解決策の検討:
    一つの方法に固執せず、高架化、地下化、バイパスの新設、遮断機のタイミング調整など、複数の解決策を検討します。

  • 関係者の早期からの巻き込み:
    住民説明会の開催や関係者との定期的なミーティングを通じて、透明性の高いプロセスを保ちます。

  • 段階的なアプローチ:
    短期的な改善策と長期的なインフラ整備を組み合わせ、段階的に問題を解決していきます。

  • 柔軟性の保持:
    プロジェクト実施中に情勢・・・・



 
テーマ ビジネス社会・経済
タスク 分析・推論
タグ #危機管理#企画#スピーチとプレゼン#アイデア
動作環境の例 OpenAI ChatGPT 3.5~、Google Gemini、BIng
投稿・編集日 2024/03/24・2024/03/24
提案者 まめたろう
出典・参考 なし
留意事項 他の「プロンプト集」へ収載する場合は、出典として本サイトのURLを明示してください



お気に入り機能は登録不要で使えます
※このブラウザ内にのみ保存されます



ご提案を受付ています

サイトの拡充・改善に取り組んでいます。
感想やリクエストなどお気軽にどうぞ
ご提案フォームを開く