ChatGPTとは
使い方のガイド
文例・例文のサンプル
ChatGPTについて教えて
始め方(はじめかた)、書き方
プロンプトのテンプレート

AIへの会話指示文/プロンプト

image

カスタマージャーニーでお客様の気持ちをつかむ

5     967   𝕏 シェア


基本的な使い方

カスタマージャーニーとは、
お客様が商品やサービスに触れていくプロセスのことです。
例えば、

・Attention(注目)→
・Interest(興味)→
・Search(情報収集、比較検討)→
・Action(体験と購買行動)→
・Repeat(リピート)→
・Share(共有)

などのような段階を追ってイメージします。

この段階ごとに 顧客の立場で考えることで、
カスタマージャーニーマップが出来上がります。

これを使うと、サービス改善のために 段階ごとの施策 を整理することができます。
また、社内での認識を共有するのにも有効です。



【私のビジネス】▼★
・洋服のお直しをするお店★▲
---
上記の{ビジネス}における
ターゲットオーディエンス像を具体的に意識しながら、
過去最高のカスタマージャーニーマップを作成して
表形式で出力してください。

【列の項目】
・{カスタマージャーニーの段階を詳細に考えて}

【行の項目】
・顧客の行動
・顧客との接点
・意識や感情{顧客のネガティブな心の声のセリフで}
・課題
・改善策
>

お洋服のお直し店に関するカスタマージャーニーマップを以下の表で示しました。顧客が接点に至るまでの各段階を詳細に分析し、顧客の行動、接点、心の声、課題、そして改善策を整理しました。これにより、来店客を増やすための戦略を具体的に展開できます。


段階顧客の行動顧客との接点顧客の心の声課題改善策
認知インターネットでお直し店を検索するオンライン広告、検索結果「近くで信頼できるお直し店はあるのかな?」お店の存在を知らせることターゲット地域にPPC広告を展開する
興味店舗のウェブサイトやレビューをチェックするウェブサイト、レビューサイト「この店の価格や仕上がりはどうだろう?」興味を引きつける情報の提供ウェブサイトに料金表と事例のビフォーアフターを掲載する
検討価格やアクセス方法を比較検討するSNS、FAQページ「他にもっと便利な店はないかな?」競合との差別化特別サービス(当日仕上げなど)の提供
決定店舗に訪問するか電話/メールで問い合わせる店舗、電話、メール「予算内に収まるか、相談してみようかな」決定に導くための説得力明確なコミュニケーションと親身なカスタマーサービス
体験お直しサービスを利用する店舗、スタッフ「仕上がりや対応に満足できるか不安だ」サービスの質と顧客満足度高品質な仕上がりとフレンドリーなサービスを提供する
アフターケアお直し後のフォローアップやアフターサービスを受ける電話、メール、SNS「また利用したいと思えるかどうか…」リピート顧客を確保することフォローアップメールやリピーター割引を提供する
推薦友人やオンラインで店舗を推薦する口コミ、SNS「友達にもこのお店を教えてあげよう!」口コミの促進満足度調査とレビューの促進キャンペーンを実施する

このカスタマージャーニーマップを利用して、各接点で顧客が感じる可能性のある疑問や不安に対処し、課題を明確にし、それに対する改善策を講じること



この出力例では、お客様がサービスに触れるプロセスは、
【認知】→【興味】→【検討】→【決定】→【体験】→【アフター】→【推薦】
という順番で整理されています。

カスタマージャーニーマップだけでも参考になりますが、
さらにこの続きで会話すると、
精度の高いアドバイスが得られます。


このカスタマージャーニーマップを深く洞察しながら、
マーケティングに精通した
一流のビジネスコンサルタントとして
私に過去最高のアドバイスをしてください。
>

洋服のお直し店のビジネスを拡大し、来店客を増やすためには、以下の戦略的アドバイスが役立つでしょう。これらの提案は、カスタマージャーニーマップを踏まえた具体的なアクションプランを含みます。


1. デジタルマーケティングの強化


  • ローカルSEOの最適化: ウェブサイトを地域密着型で最適化し、地元で「洋服 お直し」や「服のリペア」といったキーワードで検索した時にトップに表示されるようにします。Google My Businessの登録と最適化も重要です。
  • ターゲット広告: FacebookやInstagramなどのSNSで、地元の住民をターゲットにした広告キャンペーンを展開。特に、ファッションに敏感な年代や、高齢者層など、お直しサービスを必要とするセグメントに焦点を当てる。

2. カスタマーエクスペリエンスの向上

  • 予約システムの導入: オンラインまたは電話で簡単に予約できるシステムを導入し、顧客の便宜を図ります。これにより、来店前の不安を解消し、スムーズな体験を提供できます。
  • クオリティの保証: 仕上がりの品質を保証することで、顧客の信頼を得られます。満足できない場合の無料の再修正など、リスク軽減の措置も考慮に入れましょう。

3. カスタマーリテンションとロイヤリティの構築

  • フォローアップとフィードバック: お直し後のフォローアップメールやSMSを送信し、顧客の満足度を確認すると同時に、フィードバックを求めます。これが改善の機会となり、顧客との関係を深めます。
  • ロイヤリティプログラム: 頻繁に利用する顧客向けにポイントプログラムや割引クーポンを提供し、リピーターを増やします。紹介プログラムを設けることで、口コミの促進も見込めます。

4. コミュニティとの関わり

  • ワークショップやイベントの開催: お直し教室やファッションに関するイベントを定期的に開催し、地域コミュニティとの接点を増やします。これにより、ブランドの知名度を上げ、新規顧客の獲得に繋がります。
  • 地元事業とのコラボレーション: 地元のファッションブティックやドライクリーニング店と提携を行い、相互の顧客基盤を利用したプロモーションを企画します。


 
テーマ マーケティング・広告
タスク 分析・推論
タグ #販売促進#顧客満足度#フレームワーク・法則
動作環境の例 OpenAI ChatGPT 3.5~、Bing、Google Gemini
投稿・編集日 2024/04/30・2024/04/30
提案者 まめ侍
出典・参考 なし
留意事項 他の「プロンプト集」へ収載する場合は、出典として本サイトのURLを明示してください



お気に入り機能は登録不要で使えます
※このブラウザ内にのみ保存されます



ご提案を受付ています

サイトの拡充・改善に取り組んでいます。
感想やリクエストなどお気軽にどうぞ
ご提案フォームを開く