ChatGPTとは
使い方のガイド
文例・例文のサンプル
ChatGPTについて教えて
始め方(はじめかた)、書き方
プロンプトのテンプレート

AIへの会話指示文/プロンプト

image

家計をファイナンシャルに診断してもらう

9     3423   𝕏 シェア


基本的な使い方

※ 個人を特定できるような情報の送信にはご注意ください


あなたは超一流の敏腕ファイナンシャルプランナーです。
ChatGPTの「temperature」パラメータを
最低値にしたかのように、ふるまってください。

下記は、とある家庭の今月の家計簿です。
この家計簿をもとに、厳しくファイナンシャル・プランニングをしてください。

家計の総合的な評価をし、
収入の改善、支出の見直しや節約計画、投資計画、退職計画、
その他必要な事項についても項目を立てて、厳しく教えてください。

---
家族構成:▼★
・夫 38才
・妻 33才
・子供 6才 男性 小学校1年★▲

手取り収入:▼★
・夫の収入: 20万円 +(年1回 ボーナス30万円)
・妻の収入: 20万円★▲

支出:▼★
・住居費: 10万円 (東京郊外)
・食費: 6万円(外食2万円を含む)
・被服費: 2万円
・水道光熱費: 2万円
・自動車の維持費: 5万円(ローン、ガソリン代)
・旅行の積立て: 5万円
・生命保険: 2万円
・医療保険: 2万円
・教育費(習い事): 1万円
・雑費: 3万円
・貯金: 2万円★▲

財産:▼★
・貯金: 100万円
・ローン残高: 車200万円、自宅3000万円
・株式などの他の資産: なし★▲

その他の状況:▼★
・転勤なし
・健康は良好★▲

目標:▼★
・子供は大学まで出したい。中学受験をさせたい。
・年に4回は旅行に行きたい
・家の車庫をリフォームしたい (予算200万円)
・老後は70歳ぐらいからのんびりしたい★▲
>

この家族の財務状況を見ると、全体的に収入と支出がバランスを保っていますが、目標や計画に対する準備は不足していると感じます。具体的な提案を以下に示します。


1. 収入改善: 現状では夫婦共に安定した収入がありますが、年間合計で500万円ずつというのは中所得世帯といえます。収入改善の方法としては、仕事での昇進・昇給、副業の開始、資格の取得などが考えられます。この点は個々のスキルや状況によるので、具体的な提案は難しいですが、一定の収入改善を目指してみてはいかがでしょうか。


2. 支出の見直し・節約計画:

  • 食費: 外食費を含めて6万円は高く感じます。特に外食費は2万円というのは節約の余地がありそうです。自炊の回数を増やす、外食時はランチを利用するなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか。

  • 自動車の維持費: 月5万円というのはかなり高いです。公共交通機関の利用が可能であれば、車を手放すことも一つの選択肢です。また、車のローン返済が終わった後は、新たに車を購入するのではなく、現在の車をなるべく長く使うことで維持費を下げることができます。

  • 旅行の積立て: 年間60万円というのはかなり高いです。旅行の頻度を下げるか、近場の旅行にするなどして費用を抑えてみてはいかがでしょうか。


3. 投資計画: 退職金や公的年金だけでなく、自己責任による資産形成が重要になります。リスクを把握した上で、投資信託や株式投資などを始めてみてはいかがでしょうか。ただし、これは専門知識が必要なので、信頼できる金融アドバイザーに相談することをおすすめします。


4. 子供の教育費: 子供の中学受験・大学進学の費用については、現状の貯金や月々の教育費では不足していると思われます。特に大学進学の費用は、教育ローンなどを利用せずに賄うのであれば、数百万円の準備が必要です。これについては早期からの準備が必要なので、教育保険や教育資金専用の貯金プランを検討してみてください。


5. 老後の生活: 現状の貯金額では、70歳からの老後生活には不足感があります。年金だけでは生活するのが厳しくなる可能性があるため、早めの退職資金の積立を始めてください。また、生活費の見直しや健康維持のための生活習慣など、生活全般にわたる計画も必要です。


6. 車庫のリフォーム: この目標については、現状の貯金額からすると、200万円のリフォーム費用を捻出するのは難しいと考えます。節約や貯金を増やすなどして資金を準備するか、ローンを利用することも考えられますが、自宅と車のローンがすでにありますので、返済計画に影響が出ないように注意が必要です。


以上のような点を考慮に入れて、今後の生活設計を見直してみてください。無理なく続けられる節約や貯金計画を立てることが大切です。また、将来に向けた資産形成のためには、投資について学ぶことも重要です。金融知識を身につけることで、より良い金融計画を立てることができるようになるでしょう。



回答を何度か再作成することで、アドバイスに漏れがなくなります。
とはいえ、きちんとしたアドバイスは、正規の資格をもった独立系の専門家に尋ねましょう。


節約に関するアドバイスやアイデアを
この家庭に適した、取り組みやすい的確な内容で
詳細に教えて下さいますか?
>

もちろんです。この家庭の具体的な状況を考えながら、以下の節約アイディアを提案します。


1. 食費: 食費は毎日の生活に直接関わるため、少しの努力で大きな節約効果が期待できます。

  • 自炊を増やす: 外食費が月2万円となっていますが、これを抑えて自炊を増やすと食費全体を抑えることができます。簡単なレシピや料理を学ぶことで、家庭料理のレパートリーを増やしましょう。また、一度にたくさん作って冷凍保存するなどの工夫も有効です。

  • セール商品や割引クーポンを利用する: スーパーマーケットのセール日に買い物をする、割引クーポンを活用するなど、食材購入のコストを下げる工夫も重要です。


2. 住居費:

  • エネルギー節約: 電気、ガス、水道などの使用量を意識的に抑えることで、光熱費を下げることが可能です。電気機器の不必要な待機電力を抑える、シャワーの時間を短縮する、冷暖房の設定温度を適切にするなどの日々の小さな行動が大きな節約に繋がります。

3. 被服費:

  • セールやアウトレットを利用する: 新しい服が必要な場合、セール期間やアウトレットを利用するとコストを抑えられます。また、必要なものだけを買うという意識も大切です。

4. 自動車維持費:

  • 公共交通の利用を検討する: 通勤や買い物など、可能ならば公共交通機関を利用するとガソリン代を節約できます。

  • 車の燃費を向上させる: 車の燃費を良くするためには、タイヤの空気圧を適切に保つ、車内の不必要な荷物を減らす、無駄な加速や急ブレーキを避けるなどの工夫が有効です。


5. 旅行費:

  • オフシーズンや平日を狙う: 旅行の日程をオフシーズンや平日に設定すると、宿泊費や移動費を大幅に抑えることができます。

  • ポイントやマイルを活用する: クレジットカードのポイントや航空会社のマイルを貯めて、それを旅行費に充てるという手段もあります。



これらの節約策は、無理なく続けられるものを選び、家族全員で協力して取り組むことが大切です。節約は一時的な行動ではなく、日々の生活習慣の改善と考えてください。



 
テーマ 暮らし・生活社会・経済
タスク 指摘計画立案
タグ #主婦・主夫#お金#お金の使い方
動作環境の例 OpenAI ChatGPT 3.5~
投稿・編集日 2023/06/22・2023/12/23
提案者 まめたろう
出典・参考 なし
留意事項 他の「プロンプト集」へ収載する場合は、出典として本サイトのURLを明示してください



お気に入り機能は登録不要で使えます
※このブラウザ内にのみ保存されます



ご提案を受付ています

サイトの拡充・改善に取り組んでいます。
感想やリクエストなどお気軽にどうぞ
ご提案フォームを開く