ChatGPTとは
使い方のガイド
文例・例文のサンプル
ChatGPTについて教えて
始め方(はじめかた)、書き方
プロンプトのテンプレート

AIへの会話指示文/プロンプト

image

マイクロエクスプレッションに現れる相手の本音

1     489   𝕏 シェア


基本的な使い方

人間の感情を示す「非常に短い顔の表情(微表情)」のことを、
マイクロエクスプレッションと呼びます。

わずかな時間(約0.5秒以内)に現れるため、
本人が意識的に制御することが難しく、
ホンネが現れることがあります。

例えば、怒り、恐怖、悲しみ、嫌悪、驚き、幸福、軽蔑などの感情です。
これを把握することで、普段接している相手の心理を推測することができます。

例をみてみましょう。
まずは、ビデオ会議のシーンです。

▼★
ビデオ会議が退屈で「早く終わらないかなあ」と思っている参加者★▲
のマイクロエクスプレッションを
拡張機能を使わずに、箇条書きで例示してください。
>

ビデオ会議が退屈で早く終わってほしいと感じている参加者のマイクロエクスプレッションは、次のような特徴を示すことがあります:


  1. 目の動き: 頻繁に時計や他の画面を見ることで、時間が気になっている様子がうかがえます。
  2. 表情の変化: 退屈や興味のなさを示す軽いため息や、目を細める、顔をしかめるなどの僅かな表情の変化。
  3. 姿勢の変化: 身体を椅子に深く沈めたり、頭を手で支えるなど、リラックスまたは無関心な姿勢。
  4. 口元の動き: 口を軽く歪める、または口角が下がることで、不満や不快感を示す可能性。
  5. 頭の傾き: 頭を片方に傾けるなど、関心が薄れていることを示す可能性があります。
  6. 頻繁なため息: 興味のなさや退屈感を表すため息をつくことが多い。
  7. 視線の散漫: 目が焦点を絞らず、視線が部屋のあちこちに動くこと。

これらのマイクロエクスプレッションは、人によって異なる場合がありますが、一般的に退屈や関心の欠如を示す兆候です。



プライベートな場面でも使えます。

▼★
子供が嘘をついているとき★▲
のマイクロエクスプレッションを
拡張機能を使わずに、箇条書きで例示してください。
>

子供が嘘をついている時に見られるマイクロエクスプレッション(微表情)を箇条書きで例示します。ただし、これらの表情は必ずしも嘘を意味するわけではなく、感情や反応の一時的な表れであることを理解してください。また、個人差や文化的背景によって解釈が異なる場合があります。


  1. 急な瞬きの増加 - 不安や緊張からくる瞬きの回数の増加。
  2. 目の動きの変化 - 思考や迷いを示すために目を動かす頻度が変わる。
  3. 口元の動き - 嘘をついている時には、口元が引き締まる、または不自然な笑みが現れることがある。
  4. 顔の触れる仕草 - 鼻を触る、額に手を当てるなどの自己安心のための触れる仕草。
  5. 表情の不一致 - 言葉と表情が一致しない、例えば喜んでいるような言葉を言いながら表情が固いなど。
  6. 急な姿勢の変化 - 緊張や不安から、急に姿勢を変えることがある。
  7. 声の変化 - 声のトーン、速度、高さが変わることがある。

これらのマイクロエクスプレッションは、子供が嘘をついている可能性の指標となるかもしれませんが、絶対的なものではありません。子供の行動や表情を観察する際には、その状況や背景も考慮することが重要です。また、子供が嘘をつく理由や動機についても理解し、適切な対応を考えることが大切です。




緑色の文字部分
自分が気になる内容に置き換えてお試しください。

他の利用シーンのサンプルです。

・面接官が応募者を内定したいと思っているとき
・面接官が応募者を内定したくないと思っているとき
・つまらないから速く帰りたいなあ、と思っているセミナー参加者
・悪意をもっているけれど笑顔で隠している人
・女性が男性に好意を持っているとき
・会議で上司の意見に反対しているが声を上げない従業員
・客がレストランの料理に満足していないが、文句を言わないとき
・友人が内心では私の意見に同意していないとき
・上司が部下の仕事に不満を持っているが、明言しないとき


マイクロエクスプレッションは絶対的なものではありません。決めつけは避けましょう。

 

他のバリエーション

このマイクロエクスプレッションを逆の立場で活用すると、
理想的な仕草 の参考になります。


▼★
会社で部下に対してビジョンを説明する時に、
一体感を持ってもらいたい。★▲

そのために効果的な動きを、
一般的ではない
マイクロエクスプレッションならではの独自の視点から、
拡張機能を使わずに、箇条書きで挙げて下さい。
>

マイクロエクスプレッションを活用して部下との一体感を高めるためのポイントを挙げます。


  1. 真摯な笑顔を見せる: 本物の笑顔は目元の小じわ(クロウフィート)を伴います。この表情を見せることで、部下に対して親近感と正直さを伝えることができます。

  2. 目の接触を保つ: 目を合わせることで、コミュニケーションの質を高め、相手の注目を引きます。ただし、視線を長時間固定しすぎると威圧的になるので注意が必要です。

  3. 頷きや微笑みで反応する: 話を聞いていることを示すために、適切なタイミングで頷きや微笑みを見せることが大切です。

  4. 顔の表情を豊かにする: 感情を表現する際には、顔全体を使って表情を豊かにすることが重要です。例えば、驚きや同意を示す際には眉を動かすなど。

  5. 自然なジェスチャーを取り入れる: 手や腕の動きを取り入れることで、言葉の意味を強調し、メッセージをより伝わりやすくします。

  6. 緊張のサインに注意する: 目を細めたり、顔をしかめたりする表情は緊張や不安を示している可能性があります。これらのサインに気づいたら、コミュニケーションの方法を変えることが重要です。

  7. 相槌を打つタイミングに注意: 相手の話の間に適切なタイミングで相槌を打つことで、共感を示し、会話を活性化させます。


これらのポイントを意識することで、部下との信頼関係を築き、一体感を高めることができるでしょう。




プライベートな場面でも使えます。

▼★
マッチングアプリで男性に初対面する時、
優しそうな好印象を与えたい。★▲

そのために効果的な動きやサインを、
一般的ではない、
マイクロエクスプレッションならではの独自の視点から
挙げて下さい。
>

マッチングアプリでの初対面において、優しさや好印象を与えるためにいくつかのポイントを挙げます。


  1. 微笑みの角度と持続時間:自然でやわらかい微笑みは、親しみやすさと優しさを伝えます。ただし、笑顔が長すぎると不自然に見えることもあるので、バランスが大切です。

  2. 目の動きと瞬き:相手の目を見ることで興味や尊重を示すことができます。しかし、じっと見すぎると圧迫感を与える可能性もあるので、適度な目線の移動が重要です。自然な瞬きはリラックスした様子を伝えることができます。

  3. 頷きのタイミングと程度:相手の話を聞いていることを示すために、時々頷くことは効果的です。ただし、頷きすぎると作為的に見える場合もあるため、適度な頷きが望ましいです。

  4. 表情の変化の速度:表情がゆっくりと自然に変化することで、リラックスした状態や真剣な聞き手であることを示せます。急激な表情の変化は時に不安や不誠実さを感じさせることがあります。

  5. 身体の向きと姿勢:相手に対して身体を軽く向けることで関心やオープンな姿勢を示すことができます。猫背や閉じた姿勢は避け、リラックスした開放的な姿勢を保つことが大切です。


これらのマイクロエクスプレッションは、相手に対する敬意と興味を示すために非常に効果的です。しかし、作り過ぎた態度や表情は逆効果になることもあるので、リラックスして本来の自分を出すことが何よりも重要です。



これらの表情を意識しすぎると不自然になって
逆効果になることもあります。
参考程度に取り入れて、自然な魅力アップを目指しましょう。

 
テーマ 生き方・哲学
タスク 分析・推論
タグ #心理学#人事・求人募集#会議#コミュニケーション#交渉・商談
動作環境の例 OpenAI ChatGPT 3.5~、Google Gemini、Bing(厳密モード)
投稿・編集日 2024/02/02・2024/02/02
提案者 まめたろう
出典・参考 なし
留意事項 他の「プロンプト集」へ収載する場合は、出典として本サイトのURLを明示してください



お気に入り機能は登録不要で使えます
※このブラウザ内にのみ保存されます



ご提案を受付ています

サイトの拡充・改善に取り組んでいます。
感想やリクエストなどお気軽にどうぞ
ご提案フォームを開く