ChatGPTとは
使い方のガイド
文例・例文のサンプル
ChatGPTについて教えて
始め方(はじめかた)、書き方
プロンプトのテンプレート

AIへの会話指示文/プロンプト

image

難解な文章をスッキリと整理してもらう

4     1310   𝕏 シェア


基本的な使い方

複雑な文章をじっくり読むのは大変ですよね。

そこで、最初にAIに内容を読み解いてもらいましょう
すっきりと整理された後で読むことで、
内容を早く、かつ深く理解できるようになります。

以下のサンプルは、
新渡戸稲造によって1906年に書かれた「武士道の山」という随想 です。
適宜、差し替えてお使いください。



以下の非構造化テキストを咀嚼し、
中身を改変すること無く慎重に整理して、
箇条書きや表形式を駆使しながら、
過去最高にわかりやすい
構造化された概要にしてください。
---▼★
 武士道は斜面緩かなる山なり。されど、此処彼処ここかしこに往々急峻なる地隙、または峻坂なきにしも非あらず。
 この山は、これに住む人の種類に従って、ほぼ五帯に区分するを得べし。
 その麓に蝟族する輩は、慄悍なる精神と、不紀律なる体力とを有して、獣力に誇り、軽微なる憤怒にもこれを試みんと欲する粗野漢、匹夫の徒なり。彼らはいわゆる「野猪武者」にして、戦時には軍隊の卒伍を成し、平時には社会の乱子たり。
 更に歩を転ずれば、ここに他種の人の住するを見る。山麓叢林の住民よりも進歩したる一階級の民なり。彼らは獣力に荒すさまず。野猪の族と異りて、放肆ほうしなる残虐また悪戯を楽しみとせずといえども、なおその限られたる勢力を行わんことを喜びとなし、傲岸ごうがん尊大にして、子分に対しての親分たるを好む。その最も快とするところは、自己の威信あるを感ずること、即ち人より服従せらるる事なり。最も彼れを憤懣せしむるものは、その権力の侵害せらるること、即ち抑圧を蒙ることなり。彼らは戦場に在りては勇敢なる下士となり、平時には最も厭いとうべき俗吏となる。
 この類の住地よりも高くして更に一帯あり。その住民は、野獣的にもあらず、また傲慢にもあらず。多少の学術を愛し、書を読み――多くは経済法律の初歩を学びて、しかして喋々ちょうちょう大問題を論ず。その眼界は法律政治の外に出いでず。その文学は小説と三文詩歌とに限られ、科学は新聞紙上にて読むものの以外に少しも留意せず。彼らの態度は、「野猪」の粗野と、彼らの直下にある者の厳峻とを脱して、その仲間の者には便安に、上級者に対しては窮屈に、下級者に対しては威張る。彼らは真髄武士道の新参者と称すべく、その数や多大なり。彼らの中よりして軍隊の将校を出し、また政府の事務を掌つかさどるの公吏を出す。
 更に高き処ところに一地区あり、ここには武士中高等なる階級の者繁栄し、軍隊の将軍と、日常生活に於ける思想行為の指導者とを有す。下に在る者には愛せられて、常に威厳を保ち、上に在る者には丁重にして、決して自信を失わず。されど彼らの紳士的態度の皮下には、柔和なるよりも寧ろ多くの厳格なるものを有し、彼らの親切には、同情よりも寧ろ多くの自覚的謙譲あり。彼らの至高なる精神的態度は、愛情よりも寧ろ多くの憐愍れんびんを示す。彼らは汝に語るに親切聡明なる事物を以てし、汝はその意を解し、その語を記憶す。されど彼らの声は汝らの裏うちに生きて存留せず。彼らの汝を見るや、汝はその眼光の透徹なるに驚く。されど彼らの眼の鮮光は、彼らの汝を去ると共に消ゆ。
 汝は峻険崎嶇きくたる山径を攀よじ、至高の地帯に登りて、武士の最高なる者を見んとする乎。此処ここに在りては、汝を迎うるに、頗すこぶる柔和なる民族の毫も軍人的ならず、その容貌態度殆ど婦人に類するものあり。汝は彼らを見て武夫なるや否やを疑わんとす。汝は一見以て彼らを凡人視することもあらん。彼らは尊大ならず。汝は容易に彼らに近づくを得べく、彼らの親したしみ易やすきが故に、狎なれ易しとなさん。されど汝は近づかざらんとするも能わざるが故に、彼らに接し来ることなるを知らん。彼らは貴賤、大小、老幼、賢愚と等しく交わり、その態度は嫺雅かんが優美なりというもおろか、愛情はその目より輝き、その唇に震う。彼らの来るや、爽然たる薫風吹き渡り、彼らの去るや、吾人が心裡の暖気なお存す。学を衒てらわずして教え、恩を加えずして保護し、説かずして化し、助けずして補い、施さずして救い、薬餌を与えずして癒いやし、論破せずして信服せしむ。彼らは小児の如く戯れかつ笑う。彼らの戯は無邪気というも中々に、罪を辱かしむるものなり。彼らの笑は微かなりといえども、萎なえたる霊魂を蘇生せしむ。彼らの小児らしきは、罪ある良心をして、純潔を羨望せしむ。彼ら泣かば、その涙は人の重荷を洗い去る。そもそもこれらの武夫の住する地帯は即ち基督の徒と共なり。(三十九年二月台南にて)★▲
>

このテキストは、武士道を山に例え、その異なる高度に住む人々の特性を描いています。以下にその構造化された概要を箇条書きと表形式で示します。


武士道の山:人々の特性と階層


  1. 山の麓 - 野猪武者

    • 特徴:
      • 粗野で慄悍な精神
      • 不紀律な体力
      • 軽微な憤怒で力を試す
    • 社会的役割:
      • 戦時:軍隊の卒伍
      • 平時:社会の乱子
  2. 山の低地 - 前進した一階級

    • 特徴:
      • 獣力を行使せず
      • 限られた勢力を行使することを楽しむ
      • 傲岸尊大
    • 社会的役割:
      • 戦場:勇敢な下士
      • 平時:厭わしい俗吏
  3. 山の中腹 - 新参武士

    • 特徴:
      • 学問を愛し、法律・政治に限られた関心
      • 上級者に対して窮屈、下級者に対して威張る
    • 社会的役割:
      • 軍隊の将校
      • 政府の公吏
  4. 山の高地 - 高等階級の武士

    • 特徴:
      • 愛され、常に威厳を保つ
      • 紳士的だが厳格
    • 社会的役割:
      • 軍隊の将軍
      • 日常生活の思想行為の指導者
  5. 山頂 - 最高の武士

    • 特徴:
      • 柔和で婦人に類似
      • 争いごとを好まず、教えることに長ける
      • 愛情豊か
    • 社会的役割:
      • 教育者
      • 社会の模範となる存在

このように、テキストは武士道を通じて人々の心理や社会的役割を様々な階層に分けて解説しています。各階層は独自の特性と役割を持ち、高度が上がるにつれてより精神性が高まり、社会的責任も増大することが示されています。



このような文語調で書かれた文章でも解釈をしてもらえます。
 
テーマ 学術・研究開発
タスク 説明
タグ #要約#勉強
動作環境の例 OpenAI ChatGPT 3.5~、Google Gemini、Bing
投稿・編集日 2024/05/06・2024/05/06
提案者 かげやまぶし
出典・参考 なし
留意事項 他の「プロンプト集」へ収載する場合は、出典として本サイトのURLを明示してください



お気に入り機能は登録不要で使えます
※このブラウザ内にのみ保存されます



ご提案を受付ています

サイトの拡充・改善に取り組んでいます。
感想やリクエストなどお気軽にどうぞ
ご提案フォームを開く